掲載サービス5000件以上の日本最大級のITレビューサイト😎
最終更新日:2020年9月23日

WordPressとDrupalのメリット・デメリットを比較【2020年】

コンテンツ管理システム(CMS)を選択するとき、多くの人々は現在市場で最大のプロバイダーの2つであるWordPressまたはDrupalに注目しています。どちらにも長所と短所がありますが、一方が他方よりもビジネスに利益をもたらす可能性があります。

ビジネスに適切なCMSを選択することは、ビジョンを実現し、エンドユーザーを獲得し、競合他社との差別化を図ることです。DrupalとWordPressは、市場で最も広く使用されているCMSプラットフォームの2つであり、どちらにもカスタマイズ可能な機能がたくさんあります。

しかし、DrupalはWordPressよりも技術的な経験を必要とし、これらのプラットフォームの使用に関連するコストは大きく異なります。これら2つのプラットフォーム、それらの使用方法、およびそれぞれの利点の詳細をご覧ください。

WordPressのメリットは何ですか?

WordPressは世界で最も急速に成長しているCMSです。現在、世界のトップ100のWebサイトの 14.7%を含むインターネット全体の約3分の1を占めていますが、それには十分な理由があります。この強力なプラットフォームには、何千ものカスタマイズ機能とプラグインが含まれており、それらの一部は費用がかかり、ビジネスのニーズに合った方法でWebサイトを成長させるのに役立ちます。

WordPressがWebの大部分を強化している場合でも、Webサイトが他の人のように見えることを心配する必要はありません。多くの技術的ノウハウがなくても、プラットフォームの組み込みツールを使用して、Webサイトの外観を簡単にカスタマイズできます。

ブログ、Vlogなどを作成してホストする

WordPressとDrupalのメリット・デメリットを比較【2020年】 1

WordPressの多くのWebサイトはテキストと画像を含む簡単なブログである傾向がありますが、このプラットフォームを使用して、ポートフォリオ、ビデオ、ポッドキャスト、ソーシャルネットワーキンググループ、eコマースストアなど、あらゆる種類のコンテンツをホストできます。どのようなウェブサイトを作成する必要があるかに関係なく、WordPressで作成できます。

 

WordPressの使いやすさ

WordPressを使用する最大の利点の1つは、誰でもわずか数分でこのプラットフォームの使用方法を習得できることです。わかりやすいラベルの付いたボタン、タグ、カスタマイズ機能を備えた非常にユーザーフレンドリーなインターフェースを備えています。コンテンツをプラットフォームに直接コピー/貼り付け、画像をドラッグアンドドロップし、独自のボーダーとヘッダーを作成し、SEO用にページをすばやく最適化できます。

これが、今日私たちが知っているように、WordPressがWebの大部分を引き継いだ理由です。技術的な経験があまりない新規事業主や新興企業は、プロのウェブデザイナーを雇う必要なく、コンテンツをすばやくアップロードできます。あなたやあなたのチームが、新しいコーディング言語を学んだり、ゼロからウェブサイトを構築したりせずにコンテンツの作成を始めたいと思っているなら、WordPressが後押ししてくれます。

 

レスポンシブでモバイルフレンドリーなウェブサイト

WordPressは、レスポンシブなWebサイトの作成に関しても素晴らしい仕事をします。ほとんどすべてのテーマはモバイルフレンドリーであるため、一部の視聴者をオフにしたり、モバイルフレンドリーサイトがないことでGoogleにペナルティが課されることを心配する必要はありません。

 

オープンソースのウェブサイトのテーマ

WordPressは、オープンソースです。つまり、元のソースコードを他のユーザーが利用できるようになります。これにより、ゼロから始めることなく、新しいページをすばやく簡単に開発できます。

 

📑メニューへ ↑

WordPressの短所

WordPressは、ウェブサイトを作成したい人にとっては簡単な選択ですが、不安材料がないという意味ではありません。WordPressには、CMSを選択する際に考慮すべきいくつかの欠点があります。

Webサイトの全体的なコストの決定

基本的なWordPressプラットフォームは無料ですが、追加のプラグインやテーマに多くのお金を費やすことができます。CMSプラットフォームを選択する場合、全体的な予算を理解することが重要です。

CMSに費やす必要がある金額を正確に知っている必要があり、カスタマイズの設定に基づいてプログラムの完全なコストを実際に理解する前に、しばらくWordPressをいじる必要があるかもしれません。

 

一定の更新が必要

WordPressには多くのアップデートが付属しており、その多くはプラットフォームとWebサイトを改善します。ただし、新しい更新のインストールには、監視も伴います。これらのアップデートをインストールした後は、定期的にWebサイトを確認する必要があります。

単純なアップグレードでは、ウェブサイトのレイアウトや使いやすさが変わる可能性があります。これらのアップグレードの中には、セキュリティ上のリスクをもたらすものもあります。

これらのプラグインと更新の一部は、ウェブサイトの速度を低下させる可能性もあります。コンバージョンとSEOに関しては速度が非常に重要であるため、定期的にWebサイトの速度をチェックして、正常に動作していることを確認する必要があります。

 

📑メニューへ ↑

Drupalのメリットは何ですか?

Drupalインターフェース

 

Drupalは献身的なユーザーの公平なシェアを持っていますが、市場シェアの点でWordPressと比較することはできません。Drupalは現在、すべてのWebサイトの2.3%をホストしていますが、これには、多くの著名な大学やThe Economistマガジンなどの有名なクライアントが含まれています。これを使用して、シンプルなブログ、ビデオ、ソーシャルグループ、オンライン投票など、あらゆる種類のコンテンツをホストおよび開発できます。

 

Drupalの(ほぼ)無限のカスタマイズ可能な機能

WordPressと同様に、Drupalには、完璧なユーザーエクスペリエンスの作成に役立つカスタマイズ可能な機能が数多く用意されています。それはWordPressのようなオープンソースであり、あなたとあなたのチームが問題に遭遇した場合、それは多くの技術サポートが付属しています。また、ウェブサイトがモバイルフレンドリーになるので安心できます。

 

Webサイトを安全に保つ

Drupalは、最も安全なCMSプラットフォームの1つとして知られているため、コンテンツを24時間365日安全にオンラインに保つ必要がある企業や組織に最適です。

 

ウェブサイトの費用はいくらですか?

さまざまなコストで何千ものプラグインを提供するWordPressとは異なり、Drupalを使用すると、最初からWebサイトの全体的なコストを簡単に特定できます。実際のプラットフォームを使用すると、WordPressほどの費用はかかりませんが、Drupalを使用する場合は、おそらくプロの開発者に支払う必要があり、プロジェクトの全体的なコストが高くなる可能性があります。

 

個々のユーザーの権限を簡単に設定

Drupalを使用すると、個々のユーザー権限を各チームメンバーに簡単に割り当てることができます。大規模なチームの場合、各メンバーがWebサイトの特定の部分にのみアクセスできるようにすることができます。これは、リモートチームで作業していて、各従業員に異なるタスクを割り当てる場合に非常に便利です。

 

別のCMSに簡単に移行

Drupalには、WordPressや他のCMSと同様に、独自の欠点があります。Drupalには、正確にユーザーフレンドリーではない、適切に最適化されていないとWebサイトの全体的なパフォーマンスに影響を与える可能性があるなど、多くの不満があります。これらは、Drupalを使用するときにユーザーが受ける最も一般的な不満の一部です。

 

ウェブサイトの開発者が必要!

WordPressは初心者に最適ですが、Drupalにはいくつかの技術的なノウハウが必要です。一部の経験豊富な開発者でさえ、プラットフォームを初めて使用するときに問題が発生する可能性があります。プロジェクトの予算に影響するこのCMSを使用する場合は、Drupalの経験を持つプロのウェブサイト開発者を雇う必要があります。

 

大量のリソース

Drupalには、技術的な専門知識を持たない人にとっては学習曲線が急になる可能性があります。別の不満は、Drupalが実行するために必要なリソースの数です。Drupalの使用を計画している場合は、控えめに言っても、キャッシングと最適化のマスターになる必要があります。

 

📑メニューへ ↑

WordPressとDuppalで適切なCRMを選択するためのヒント

適切なCMSを選択するときは、簡単な方法でこれに取り組むことができます。シンプルなブログをできるだけ早く作成したい場合は、WordPressを使用してください。複雑なWebサイトを構築する場合は、両方のプラットフォームを試してみて、ビジョンを実現し、それぞれの合計コストを比較してください。あなたが経験豊富な開発者であれば、Drupalがまさにあなたが探しているものかもしれません。

 

それでも、まだどちらがいいかを決めかねている場合は、以下のヒントを参考にしてください。

 

マーケティングチームを評価する

組織に最適なCMSを選択することになると、自分とチームがテーブルにもたらすことができるリソースを検討する必要があります。

技術的な経験に関してチームが不足している場合は、Webサイト開発者を雇うつもりがない限り、WordPressがおそらく最良の選択です。開発者を雇うつもりでも、新しいチームメンバーにそれほど多くの責任を任せることに抵抗があるかどうか自問してください。あなたが自分ですべてを行うのが好きなタイプのCEOである場合は、WordPressに慣れ親しむでしょう。

WordPressサポート

また、今後数年間でWebサイトの監視に費やす時間を決定する必要もあります。DrupalのWebサイトを完成させるにはしばらく時間がかかり、技術的なノウハウもあるかもしれませんが、Drupalが稼働状態になったら、監視にそれほど時間をかける必要はありません。

一方、WordPressサイトをすぐに立ち上げて実行することはできますが、新しいアップデートやプラグインが利用可能になると、今後は慎重にWebサイトを監視する必要があります。

 

ウェブサイトの予算を決める

先に述べたように、WordPressとDrupalのどちらを選択するかは、コストが主要な決定要素になるはずです。どちらも無料ですが、WordPressでWebサイトをカスタマイズしたいほど、コストがかかります。

カスタムWordPressのウェブサイトには、どこかの間に$ 1,000 $ 100,000の費用がかかります。Drupalは月々の費用が安くなる可能性がありますが、おそらく最初から開発者を雇う必要があるでしょう。これらのプラットフォームを調査し、使用するプラグインとテーマを見つけて、予算の集計を開始してください。

 

ユーザーエクスペリエンスを忘れないでください

DrupalとWordPressのどちらにも、多くのカスタマイズ機能が備わっています。CMSを選択し、どのプラグインとテーマをすべて使用するかを選択すると、エンドユーザーに戻ります。あなたのウェブサイトをどのように見せたいか、それを実現するためにどれだけのお金を費やすかを考えてください。

 

ビルドする前にテストする

主要なビジネス上の決定と同様に、必ず事前に調査を行ってください。あなたとあなたのチームがレビューできるように、Webサイトの一部の概念実証を作成します。

何が機能し、何を改善する必要があるかを検討します。これは、Webサイトの構築に必要な全体的な予算と技術的な経験をより適切に決定するのにも役立ちます。

コンテンツデータベースの構築には多くの作業が必要であり、間違ったCMSでWebサイトの構築を開始したくありません。小さなセクションから始めて、そこから徐々に構築していきます。

 

継続的なテクニカルサポート

プロのWebサイトを実行しているときに問題が発生することは間違いありません。これらのプラグインの1つは、ループのためにあなたを投げるかもしれません。更新後、ウェブサイトが予期せずダウンする可能性があります。

問題が何であれ、質の高いテクニカルサポートにアクセスできることを確認する必要があります。これは、チームに技術的な経験があまりない場合に特に重要です。

 

📑メニューへ ↑

まとめ

結局のところ、2つすべてを選択することは、どれだけの費用を費やすか、Webサイトの全体的な複雑さ、およびチームの技術的な経験にかかっています。

CMSの使用は簡単で楽しいものでなければなりません。チームの経験レベルを考慮して、コンテンツを実現するのに役立つプラットフォームを見つけてください。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password