【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて

Microsoft社のWindows11は約6年ぶりのアップグレードです。クチコミネットのこの記事ではWindows10からの変更点についてまとめております。

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 1

現在Windows10を使用している場合、 コンピューターに互換性があり、スペックが要件を満たしている限り無料でアップグレードできるようになります。(恐らく 2021年頃に)

デザインとインターフェース

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 2
Windows 11は、中央に配置されたスタートメニューとタスクバーを備えた新しいデザインを備えています。

Windows 11は、OSのデザインとしてMacのようなスッキリとしたインターフェースを備えています。丸みを帯びた角とパステルカラーのすっきりとしたデザインが特徴です。

象徴的なスタートメニューは、タスクバーと一緒に、画面の中央に移動しました。ただし、Windows 10の場合と同様に、必要に応じてこれらを左に戻すことができます。

Androidアプリの統合

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 3
Windows11のPCにAndroidアプリをダウンロードできるようになります。

AndroidアプリはWindows11に登場し、AmazonAppstoreを介して新しいMicrosoftStore内からインストールできます。

Windows 10でもエミュレーターを利用するなどAndroidアプリにアクセスする方法はいくつかありましたが、今回からネイティブに連携することができるようになりました。

より優れた仮想デスクトップサポート

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 4
Windows 10と比較して、Windows11ではさまざまな仮想デスクトップの作成と切り替えが簡単です。

Windows 11では、Macに似た方法で仮想デスクトップをセットアップし、個人、仕事、学校、またはゲームで使用するために複数のデスクトップを一度に切り替えることができます。Windows 10では、これをセットアップして使用するのは困難でした。

モニターからラップトップへの移行が容易

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 5
スナップレイアウトとスナップグループのおかげで、さまざまなウィンドウとアプリのセットをグループ化したり、デスクトップとモニターの間を移動したりするのが簡単になります。

新しいOSには、スナップグループおよびスナップレイアウトと呼ばれる機能が含まれています。これは、タスクバーに表示される一度に使用するアプリのコレクションであり、同時に起動または最小化して、タスクの切り替えを容易にすることができます。また、開いているウィンドウの場所を失うことなく、モニターのプラグを簡単に抜き差しできます。 

MicrosoftTeamsがタスクバーに追加されました

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 6
Microsoft Teamsは、ビデオ通話を簡単にするためにWindows11のタスクバーに直接組み込まれています。 

Microsoft Teamsは改良されており、Windows 11タスクバーに直接統合されるため、アクセスが簡単になります(AppleのFaceTimeに少し似ています)。Windows、Mac、Android、またはiOSからチームにアクセスできるようになります。

ウィジェット

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 7
Windows 11のタスクバーからウィジェットを起動して、天気、ニュース、株式などの情報を一目で確認できます。

WindowsでもMacのようにウィジェットを表示できるようになります。これは実はWindows Vistaでも利用できましたが、Windows11で戻ってきた機能です。

強化されたタッチスクリーン、音声、ペンのサポート

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 8
Microsoftは、Windows10よりもタブレットでWindows11を使いやすくすることを目指しています。

タブレットの場合、Microsoftは、タスクバーのアイコン間のスペースを増やし、ジェスチャーを追加することで、タッチのエクスペリエンスを向上させることを目指しています。Windows 11は、デジタルペンに触覚を追加するため、メモを取ったり、描画したりするときに振動を聞いたり感じたりすることができます。

また音声入力などの機能も追加されています。

ゲームを改善するXboxテクノロジー

【比較】Windows11とWindows10の大きな違いについて 9
Windows 11は、より良いゲームのためにXboxからいくつかの技術的な追加をもたらします。 

Windows 11は、自動HDRやDirectStorageなどのXboxコンソールにある特定の機能を取得して、WindowsPCでのゲームを改善します。これは、Microsoft向けのPCとXboxコンソールの統合に向けたもう1つの動きを示しています

FAQ

よくある質問

Windows 11とは何ですか?

Windows 11は、Windows 10の次のメジャーリビジョンの名前です。新しい機能だけでなく、新しいブランド名として利用されます。

Windows 11はいつ入手できますか?

Windows 11は、6月28日の週にWindows Insiderで利用可能になり今秋からどんどん公開されるようになります。最初のWindows11搭載PCは今秋に出荷される予定です。Microsoft社によると、Wondows10からWindows11へのアップグレードは 2022年になるとのことです。

かならずWindows 11にアップグレードしなければいけませんか?

いいえ。Windows11は大幅な変更が含まれるアップグレードになるので、オプトアウトすることも可能です。Microsoftは 2025年まで Windows10をサポートしているので、それまではWindows10を使うことができます。

Windows 11には異なるバージョンがありますか?

Microsoftは、Windows 10HomeとWindows10ProをWindows10の異なるエディションと呼んでおり、Windows11 HomeWindows11 Proも発表される可能性があります。

Windowsの11のシステム要件は何ですか?

Microsoftは、オペレーティングシステムの最小ハードウェア要件を定期的に更新しています。(Windows 10のシステム要件は1GHz以上のCPU、2GBのRAMなどとなっています。)
まだ正式には公開されていませんが、少なくとも少なくとも第8世代IntelCoreCPUまたはRyzen2000のCPUのスペックが必要かと言われています。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

8月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0