Adobe Sparkの使い方/メリット/レビュー

Adobe Sparkのグラフィックデザインツールは優れていますが、そのビデオおよびWebページの作成者には多くの要望があります。あくまでもグラフィック作成向き
PROS:
  • グラフィックデザイナー向けの永久無料プラン
CONS:
  • カスタムドメインに接続ができない
  • ウェブサイトビルダーが機能不足

このプラットフォームは、最小限の労力で魅力的なWebページ、グラフィック、または短いビデオを作成できるように設計されています。Adobe Sparkのレビューでは、提供されているすべてのものを詳しく調べ、次のプロジェクトに適しているかどうかを判断するのに役立つ情報を提供します。

プランと価格

Adobe Sparkには3つのサブスクリプションのプランがあります。ほとんどの人にとっては「永久無料プラン」で十分です。

他のプランでは、 30日間の無料トライアルを、月額$ 9.99(または年間$ 99.99)からスタートできます。他のユーザーをプロジェクトに招待する機能、一連の優れたブランディングツール、Adobe Fontsと選択した無料テンプレートの両方へのアクセスなど、追加のデザイン機能を選択できます。

最も高価なチームプランは月額$ 19.99から始まり、すべての設計および作成ツールが含まれています。また、統合請求などの管理ツールに加えて、24時間年中無休の電話、電子メール、チャットのサポートも追加されます。

SparkはほとんどのCreativeCloudプランで無料で利用でき、無料のSpark for Educationオプションが利用可能であり、必要に応じてエンタープライズレベルのソリューションを開発できることは注目に値します。

特徴

Webページ、ビデオ、およびさまざまな種類のグラフィックスに使用できるさまざまなテンプレートがあります。Webページとビデオテンプレートは少し基本的ですが、ソーシャルメディアのデザインは私たちが見た中で最高のものの1つです。この辺りはCanvaに近い作りになっています。

シンプルなリンク共有

Sparkプロジェクトを公開してカスタムリンクを生成することで、Sparkプロジェクトを関係者と共有するのは非常に簡単です。このリンクを共有するだけで、他の人にあなたの作品を見てもらうことができます。ただし、独自ドメインに接続できないのは残念です。

モバイルアプリ

SparkユーザーはAndroidアプリとiOSアプリの両方を利用できます。iOSデバイスを使用している場合は、個別のSpark Post、Spark Page、およびSparkVideoアプリにアクセスできます。残念ながら、AndroidではSparkPostしか利用できません。

無料画像の優れた選択

優れた画像およびメディアツールが提供されています。ガイドに従うだけで、無料のストックフォトを見つけることができます。または、Adobe Stock、Creative Cloud、Lightroom、Dropbox、Googleフォト、またはGoogleドライブに接続するか、デバイスから直接独自のメディアをアップロードすることもできます。

インターフェース

Adobe Spark Webページの作成者は非常に基本的であり、編集ツールとデザインの柔軟性が制限されています。ただし、それは使いやすく、画像に焦点を合わせたランディングページを構築するための適切なオプションのままです。

幸いなことに、グラフィックデザインツールははるかに優れています。一連の高度なツールにアクセスできるため、メディアのほぼすべての側面をカスタマイズできます。

残念ながら、ビデオの作成者も失望しています。開始できる基本的なテンプレートはいくつかありますが、派手なビデオ編集ツールや高度な機能は期待しないでください。

Adobe Sparkの使い方/メリット/レビュー 1

サポート

Adobe Sparkには、さまざまな優れたチュートリアルがあります。管理者管理パネルの[学習]タブに移動すると、開始に役立つ一連のリソースが見つかります。簡単なソーシャルメディア投稿の作成からテキストのアニメーション化、完全なWebページの作成まで、すべてを行う方法を学びます。

ライブサポートの面では、物事は少し残念です。ライブチャット、電話、および電子メールのサポートは、ハイエンドのチームサブスクリプションをお持ちの場合にのみご利用いただけます。

競合サービス

高品質のグラフィックを作成するためのAdobeSparkの代替手段を探している場合は、Canvaが適切なオプションになる可能性があります。高度なデザインツールのスイートが付属し、何万ものテンプレートを誇り、すべての基本的なツールは無料で利用できます。

Wixは、新しいWebサイトを構築するためのより堅牢なオプションです。そのサイトエディタはAdobeSparkのものよりも制限が少ないですが、始めるのは少し混乱するかもしれません。独自のカスタムドメインに接続する場合は、プレミアムサブスクリプションの料金を支払う必要があることに注意してください。ただし、少なくともオプションとして利用できます。

まとめ

Adobe Sparkプラットフォームを徹底的に分析すると、長所はありますが、すべての人にとって適切なオプションではないことがわかります。グラフィックデザインエディタは優れていますが、Webページとビデオ作成ツールは私たちの好みには基本的すぎます。

プラス面として、Sparkは完全に無料で利用できます。始めるのに役立つさまざまなチュートリアルがあり、ユーザーインターフェイスは直感的でわかりやすいものです。

選択する前にいくつかの選択肢を検討することをお勧めしますが、強力なグラフィッククリエーター、初心者向けのWebページ、またはビデオデザイナーを探している場合は、Sparkが適切なオプションです。

Adobe Sparkとは?

Adobe Sparkは、ゴージャスで没入型の1ページのWebサイトを簡単に作成できるAdobeチーム向けの新しいアプリです。

Adobe Sparkで何を作成できますか?

Sparkは、「インパクトのあるグラフィック、Webページ、ビデオストーリーを作成する」ために設計されたグラフィックデザインアプリです。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

8月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0