loader image
オススメオススメに保存済お気に入りから削除しました 0
比較表に追加する

Creo Parametricとは?

Creoは本来あるべき方法で設計されています。Creoの画期的な機能を含む重要な3D CADソリューションには、積層造形、IoT、モデルベース定義(MBD)、拡張現実(AR)が含まれます。

Creo Parametricとその拡張機能を使用すると、2D CAD、3D CAD、およびパラメトリックおよびダイレクトモデリング機能を使用して、設計をダウンストリームで作成、分析、表示、および共有できます。

Creo Parametricを使うメリット

Creo Parametricは、パーツやアセンブリの設計を加速するために、強力でありながら柔軟なCAD3Dモデリングソフトウェア機能を幅広く提供します。Creoとその拡張機能を使用すると、次のようなテクノロジーにアクセスできます。

  • ジェネレーティブデザイン
  • リアルタイムシミュレーション
  • アディティブマニュファクチャリング
  • 拡張現実

追加情報: Creo Parametric

無料トライアル

あり

2件のクチコミ・レビュー: Creo Parametric

3.5 / 5
1
0
0
1
0
レビューを書く
すべて 役に立った 高評価 低評価
  1. tani

    PTC Creo Parametricは、ユーザーが相互のプロジェクトで他のユーザーと簡単に作業できるようにする3次元CAD(コンピューター支援設計)ソフトウェアツールです。ユーザーは、他の形式のファイルをPTC CreoParametricに簡単にインポートできます。このソフトウェアの最良の部分は、すべてを手間をかけずに変更および再構築できることです。ソフトウェアの配置を表面レベルで表示するという特別な機能があります。このソフトウェアの主な特徴は、どのパラメータとも互換性があり、それぞれのパラメータに適応できる能力があることです。

    良い点 チュートリアルがわかりやすい
    役に立った(0) 役に立たない(1)すでに投票済です!
  2. 0120

    CATIA V5, Inventor, solidworks, ICAD等の3D-CADを触ってきたが、UIが直感的ではなく、一番使いづらい印象。
    表面的にはUIを取り入れようとしているが、深い部分ではPRO/Eからの設定を引き継ぐことで、
    PRO/Eに慣れた方への操作をそのままにしたいのだろうと思われる。なので、深い部分では文字・用語で操作を強いられるので、用語を理解していないと直感的に操作を理解し辛い。

    良い点 ・構造解析が多項式なのでデフォルトのままで、それなりに優秀。昨今、他のCADもメッシュのアダプティブ機能が出てきているので、アドバンテージは少なくなってきている。 ・腐ってもハイエンドなパラメトリックCADなので変更がしやすい。 ・簡易解析が豊富
    悪い点・改善点 ・UIが直感的ではない。 ・PRO/Eの操作を引き継いているせいか、不要なWindowが裏に出てきて、気が付かないことがある。 ・基本のモデル操作がマウスだけで完結しないため、常に両手を使用するので疲れる。 ・スケッチの寸法が自動で入るが、返って邪魔をする。 ・ヘルプがほぼ文字だけで起こしてあるので、理解が難しい。
    役に立った(0) 役に立たない(0)すでに投票済です!

    💬サービスを利用したことがある方は是非レビューをご記入下さい!

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    クチコミネット
    Logo
    検索
    Generic filters
    Register New Account
    サービスの比較
    • Total (0)
    比較する
    0