11人がオススメしてます😄
オススメオススメに保存済お気に入りから削除しました 11
比較表に追加する

ACDSeeとは?

ACDSeeは、もともとACDSystemsによって作成された写真編集ソフトウェアプログラムです。当初は2012年8月にACDSeefreeとしてリリースされました。基本的な画像編集の他に、画像のオーガナイザーおよびビューアーとしても機能します。最初のバージョンであるACDSeeは、BMP、GIF、JPEG、PNG、TGA、TIFF、WBMP、PCX、PIC、WMF、EMFなどの最も一般的な画像形式と互換性がありました。ただし、サムネイルブラウザとRAW、ICO形式のサポートには機能がありませんでした。これまで、機能が大幅に改善されています。ACDSeeの公式ウェブサイトによると、最新バージョンは、完全な写真制御、組み込みのRAWサポートなどを備えています。

ACDSeeを使うメリット

  • 信じられないほどの速度で動作します。
  • ロスレスRAW画像編集、カテゴリ、およびジオタグ付けを実行できます。
  • 高度にカスタマイズ可能なUI。
  • 高度に調整可能なレイヤーによる最大限のクリエイティブコントロール。

料金

ACDSeeは、無料プランを提供していません。
ACDSeeの有料プランは59.99ドルからです。※別途費用がかかる場合があります。
無料トライアルがあります。

追加情報: ACDSee

料金モデル

一回払い

1件のクチコミ・レビュー: ACDSee

4.0 / 5
0
1
0
0
0
レビューを書く
すべて 役に立った 高評価 低評価
  1. アニー

    ACDseeは、ほとんどの画像形式をサポートすし、高速でスムーズに動作する画像ビューアです。
    Windowsでしか利用することができませんが、十分便利なソフトウェアだと思います。また、個人的にはIrfanViewもオススメです。

    役に立った(0) 役に立たない(0)すでに投票済です!

    💬サービスを利用したことがある方は是非レビューをご記入下さい!

    You have to agree to the comment policy.

    口コミを投稿することで当サイトのプライバシーポリシー利用規約に同意したことになります。

    画像エディターツールとは何ですか?

    画像エディターツールは、PC上で画像を編集できるツールです。代表的なものにAdobe illustrator, Photoshopなどがあります。 画像を編集したり、さまざまなグラフィック形式に変換したりできるソフトウェア。画像エディタは通常、GIF、JPEG、BMPなどのビットマップ画像のみを処理します。一部のエディターはビットマップとイラストの両方をサポートしています。

    無料の画像エディターツールはありますか?

    はい。無料で使える画像エディターもたくさんあります。

    画像の2つの主なタイプは何ですか?

    すべてのデジタル画像ファイルは、ベクターまたはラスターの2つのカテゴリのいずれかに分類されます。各形式にはさまざまな状況で長所と短所があるため、それぞれのプロパティを知っていると、どの形式がプロジェクトに最適かを判断するのに役立ちます。

    画像エディターの基本機能は何かがありますか?

    ①画像を切り取る機能 ②ホワイトバランス調整 ③ 露出とコントラストの調整 ④色の鮮やかさの調整 ⑤画像をシャープにする などが基本機能です。

    クチコミネット
    Logo
    検索
    Generic filters

    10月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

    Register New Account
    Reset Password
    サービスの比較
    • Total (0)
    比較する
    0