掲載サービス3200件以上の日本最大級のITレビューサイト😎

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較

今回は海外で最もメジャーなEコーマスプラットフォームのWooCommerce(ウーコマース)と Shopify(ショッピファイ)の2つを比較します。

一見したところ、両者の特長はとても似ていますが詳細を掘り下げて見てみると両者には大きな違いがあることがわかりました。以下は比較した内容になりますのでじっくりと読んで頂ければと思います。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 1

WooCommerce(ウーコマース)

WooCommerceは、WordPress用に構築されたオープンソースのeCommerceプラグインです。これにより、最も強力なコンテンツ管理システム(CMS)を活用し、それを使用してオンラインストアを実行できます。オープンソースの性質のため、ストアのあらゆる側面をカスタマイズし、カスタム拡張機能を簡単に構築できます。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 2

Shopify(ショッピファイ)

Shopifyはオールインワンのeコマースプラットフォームであり、ウェブホスティングなどのウェブサイトの管理の技術的な側面を心配することなく、オンラインストアの作成、支払いの受け取り、在庫の管理を1つのプラットフォームから簡単に行うことができます。ホスティングも含まれているのでセキュリティ、キャッシュなどを自分で管理する必要がありません。

 

コスト

コストの面に関しては、WooCommeceの方が大幅にリーズナブルになっています。ただし有料のアドオンを追加するとWooCommerceの方が割高になる場合があります。

WooCommerce(ウーコマース)

WooCommerceは、WordPress.org(自己ホスト型WordPressとも呼ばれます)のeCommerceプラグインです。オープンソースであり、WordPressプラグインとして無料で入手できます。ただし、WooCommerceストアを開始するには、ドメイン名、SSL証明書、およびWordPressホスティングアカウントが必要です。

通常ドメインはムームドメインやお名前.comなどで取得が可能で年間約1000円ほどで取得ができます。また、ホスティングサーバーも安いサーバーでしたら月額99円から利用可能です。

Shopify(ショッピファイ)

Shopifyを使用すると、オンラインストアを簡単に開始できます。基本プランは月額29ドルから始まり、Shopifyプランには79ドル、Advanced Shopifyプランには月額299ドルでアップグレードできます。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 3

各プランには、ドメイン名、SSL証明書、およびWebホスティングが含まれます。

29ドルの基本プランには、新しいオンラインストアをセットアップするのに十分な機能が付属しています。無制限の製品、2つのユーザーアカウント、無制限のファイルストレージなどを追加できます。ただし、この基本プランには、Shopifyストアを次のレベルに引き上げるのに必要なサードパーティ製のツールやアドオンは含まれていません。あなたのビジネスが成長するにつれて、これらのコストは増加し始め、すぐに基本計画よりもはるかに多くを支払うことになります。

 

使いやすさ

WooCommerce(ウーコマース)

WooCommerceは、Shopifyのようなホスト型プラットフォームではありません。つまり、WooCommerceをインストールし、更新を管理し、バックアップを保持し、Webサイトが安全であることを確認する必要があります。これらのタスクのほとんどを自動化できる無料および有料のプラグインがたくさんあります。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 4

WooCommerceは、カスタマイズに関して非常に柔軟です。プラットフォーム全体を完全に制御できます。55,000以上のWordPressプラグインの助けを借りて、Webサイトに想像できるあらゆる機能を追加できます。

Shopify(ショッピファイ)

Shopifyは完全にホストされたプラットフォームであるため、ソフトウェアをインストール、管理、または更新する必要はありません。また、セキュリティ、パフォーマンス、バックアップ、互換性の問題を心配する必要もありません。

サインアップするとすぐに、ウェブサイトのデザインを選ぶのに役立ちます。その後、カスタマイズの手順を説明し、製品の追加を支援します。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 5

Shopifyには、直感的なドラッグアンドドロップインターフェイスが付属しています。Shopify内の製品、販売、在庫の管理は簡単です。

 

機能

WooCommerceの販売支援

WordPressはオープンソースソフトウェアとして、サードパーティの開発者がさまざまな拡張機能やプラグインを作成できることで有名です。WooCommerceは、多くの興味深くエキサイティングな追加機能を提供することで、さらに活用しています。

WooCommerceの基本機能は以下のものがあります。

  • 物理的な製品、デジタル製品(ソフトウェアやアプリを含む)を販売できるほか、アフィリエイトマーケティングにも適しています
  • PayPalおよびStripeビルトイン(および追加料金で利用可能な他のゲートウェイの範囲)を介した支払い
  • 調整可能な送料と税金
  • 製品と製品カテゴリの数に制限はありません
  • 在庫レベル管理
  • モバイル対応の構造
  • データを完全に制御できます
  • 現在のWordPressテーマで動作します
  • 文字通り何百ものプラグイン(拡張機能)が利用可能
  • 無料のFacebook広告とFacebookストア拡張機能

これに加え、無数の有料アドオンが存在し、それらを組み合わせることでどんな形態のオンラインショッピングサイトを構築することができます。

Shopifyによる販売の支援

プラットフォームを最大限に活用するにはおそらくアプリをインストールする必要がありますが、Shopifyはデフォルトでとても多くの無料オプションを提供しています。以下はデフォルトで提供される機能です。

  • 無制限の製品
  • 無制限のファイルストレージ
  • 自動不正分析
  • 組み込みOberlo統合
  • 手動注文作成
  • 割引コード
  • ブログモジュール
  • 無料のSSL証明書
  • モバイルコマースの最適化
  • 編集可能なHTMLおよびCSS
  • クレジットカード支払い
  • 多言語
  • 調整可能な送料と税金
  • 顧客プロファイル
  • ドロップシッピング機能
  • SEO対応のサイト構造
  • 個々の製品レビュー
  • Facebook販売モジュール
  • ソーシャルメディアの統合(およびInstagram とのスパイシーな新しい統合
  • 店舗の物理的およびデジタル製品
  • 店舗への無制限のトラフィック
  • 毎日のバックアップ
  • サイトの統計と製品レポート
  • 詳細レポート(ShopifyおよびShopify Advancedプラン)
  • フル機能のモバイルアプリ
  • CSVファイルを介した製品のインポート
  • さまざまな製品バリエーション
  • 印刷注文
  • ギフトカード(ShopifyおよびShopify Advancedプラン)
  • カゴ落ち対策(ShopifyおよびShopify Advancedプラン)

 

支払い方法

オンラインで支払いを受け取るために使用できる多くの支払いゲートウェイがあります。一部の支払い方法はお客様に適さない場合があり、その他の支払い方法はお客様が利用できない場合があります。

WooCommerceの支払いオプション

WooCommerceは、デフォルトでPayPalとStripeの支払いを提供しています。また、アドオンを介して他のすべての一般的な決済サービスプロバイダーをサポートします。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 6

支払いゲートウェイについては、WooCommerceは、多くの地域およびあまり人気のない支払いサービスもサポートしています。参入障壁はないため、どの決済会社でもWooCommerceのアドオンを作成し、サポートを提供できます。

WooCommerceは日本国内の決済サービスとの連携も行っております。

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 7

Shopifyの支払いオプション

WooCommerceとShopifyのどちらがいいか徹底比較 8

Shopifyは、顧客からの支払いを受け取るために使用できる多くの支払いオプションを提供します。Shopify Payments(Stripeを使用)と呼ばれる独自の支払いソリューションと、すべての一般的なサードパーティ支払いゲートウェイがあります。

問題は、Shopifyがサードパーティの支払いゲートウェイを介して行われた各トランザクションに対して追加の2%の料金を請求することです。これは、支払いゲートウェイによって請求される取引手数料に加えて発生します。Advanced Shopifyプランに月額$ 299を支払うことで、料金を0.5%に減らすことができます。

Sample Text

 

サポート

WooCommerce(ウーコマース)

WooCommerceでのサポートは少し複雑です。まず、WooCommerceは無料のWordPressプラグインです。これは、WordPressフォーラムを通じてサポートを受けることができることを意味します。ただし、同時に、WooCommerceチームは、誰もがWooCommerce.comで無料のユーザーアカウントを作成し、そこでサポートを受けることもできます。

ネット上には、WooCommerceのトピックを扱ったブログがたくさんあります。全体として、WooCommerceは、担当者と話す必要はなく、オンラインで独自の調査を完了したい人に最適です。

Shopify(ショッピファイ)

Shopifyは、高品質のカスタマーケアがあることで有名です。各クライアントは、問題や質問が発生した場合に、カスタマーアドバイザーに年中無休でアクセスできます。(電子メール、オープンチャット、電話経由で)

またしっかりとまとめらっれたナレッジベースにもアクセスすることができます。

 

セキュリティ

WooCommerce(ウーコマース)

WooCommerceには、技術的にはプラグインに含まれるセキュリティ対策がありません。WordPressで実行されるため、セキュリティのほとんどはユーザーの手に委ねられます。たとえば、独自のSSL証明書を取得し、ホスティング会社に安全なサーバーがあることを確認する必要があります。また、サイトを保護するために、サイトセキュリティプラグイン、2要素認証、およびその他のいくつかを構成する必要があります。

Shopify(ショッピファイ)

Shopifyは、すべてのセキュリティ対策をカバーします。したがって、SSLを取得したり、サイトがハッキングされていることを確認したりする必要はありません。ただし、強力なパスワードを作成する必要があります。

 

長所と短所

WooCommerce(ウーコマース)

長所👍

  • WooCommerceは、完全なカスタマイズと制御を提供します。
  • WordPressには巨大なオンラインコミュニティがあります。
  • テーマとプラグインは無限です。誰でもオンラインで作成して販売できるからです。
  • WooCommerceはWordPressで簡単に設定できます。
  • WooCommerceプラグインは基本的には無料です。

短所👎

  • プラグイン、テーマ、ホスティングのために、WooCommerceがより高価になることがあります。
  • ホスティングからセキュリティまで、メンテナンスからバックアップまで、すべての管理に追われています。

Shopify(ショッピファイ)

長所👍

  • 毎月定額のコスト
  • ストアを拡張するために数千個のアプリにアクセスできます。
  • テーマは豊富で美しいです。
  • Shopifyは、ホスティングからセキュリティに至るまですべてを処理します。
  • ストアを立ち上げるのに数分で行えます。
  • Shopifyでのドロップシッピングはかなり簡単です。
  • カスタマーサポートは最高レベルです。

短所👎

  • Shopifyを使用してサイトを制御することはできません。
  • カスタマイズは他のプラットフォームの方が優れています。

まとめ

WooCommerceとShopifyの両方には複数の長所があり、eコマースストアを構築するための完璧なソリューションになる可能性があります。そして最高のニュースは、プロのデザイナーや開発者の助けを借りずに、すべて自分でできることです。

WooCommerceやShopifyの代替サービスはこちらから確認することができます。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password