ラピッドプロトタイピングとは何ですか?初心者のための完全ガイド

ラピッドプロトタイピングとは何ですか?

ウィキペディアによると、ラピッドプロトタイピングは「3次元コンピューター支援設計(CAD)データを使用して物理部品またはアセンブリの縮尺モデルを迅速に作成するために使用される一連の技術」と定義されています。

ユーザーインターフェイスデザインのプロセスにおいて、ラピッドプロトタイピングとは、デザイナーがプロトタイプをすばやく作成し、Webサイトまたはソフトウェアシステムの将来の状態をシミュレートするプロセスを指します。

プロトタイプは、ユーザー、投資家、開発者、および設計者が設計アイデアを伝達および検証するのに便利です。簡単に言うと、ラピッドプロトタイピングは、マネージャー、エンジニア、ユーザー自身、および他のデザイナーと協力できるプロセスです。

ラピッドプロトタイピングとは何ですか?初心者のための完全ガイド 1

ラピッドプロトタイピングの利点・メリット

「チームフレンドリーなプロトタイピングは、設計者と開発者の間のコミュニケーションを促進します。」

ラピッドプロトタイピングは、デザイナーが複数のデザインアイデアや方法をすばやくテストして反復するのに役立ち、口頭での説明だけでなく、会話中に、より直感的なビジュアルデザイン素材を使用できるようにします。また、関係者全員が一貫した理解を持ち、重要なニーズを見逃すリスクを軽減または回避することもできます。最終的に、ソフトウェア設計の完了はより速くなります。

1.時間の節約

ラピッドプロトタイピングは、設計者ができるだけ早くフィードバックを取得して、最終設計をより効果的に改善し、開発中の変更の必要性を減らし、生産性を向上させるのに役立ちます。

2.コスト削減

非常に早い段階でのラピッドプロトタイピングテストにより、開発コストと時間を大幅に節約できます。バックエンド製品アーキテクチャに費やされた時間は、障害のあるインタラクティブインターフェイスで無駄になりません。プロトタイプは、開発に送る前に製品をテストするのに最適な時期です。

3.クイックテスト

ラピッドプロトタイピングは、デザイナーが複数のデザインアイデアや方法をすばやくテストして反復するのに役立ち、口頭での説明だけでなく、会話中に、より直感的なビジュアルデザイン素材を使用できるようにします。また、関係者全員が一貫した理解を持ち、重要なニーズを見逃すリスクを軽減または回避することもできます。最終的に、ソフトウェア設計の完了はより速く、より効率的になります。

ラピッドプロトタイピングとは何ですか?初心者のための完全ガイド 2

ラピッドプロトタイピングの手順

当記事は mockplus.com の記事を日本語訳したものです。

ラピッドプロトタイピングの手順
ブレーンストーミング
プロトタイピングの前に、ブレーンストーミングはモバイル/ウェブアプリまたはウェブサイトのプロファイルを作成するための最も効果的な方法です。
このプロセスでは失敗は避けられません。ブレーンストーミングにより、プロトタイプの開発に時間とエネルギーを投資する前に、安全で低コストの方法で良いアイデアと悪いアイデアを検討することができます。
アイデアが具体化されると、これらのアイデアを反映するために忠実度の低いプロトタイプを作成できます。
プロトタイピング
ラピッドプロトタイピングでは、最初から細部を洗練するために膨大な時間を費やす必要はなく、賢明ではありません。
要件と詳細が増えるにつれ、テスト後に製品の信頼性が高まるにつれて忠実度を上げることは問題ありませんが、最初は忠実度の低いものから始めるのが最善です。
このステップでは、強力なコラボレーション機能を備えたプロトタイピングツールを使用して、設計者とクライアントがフィードバックを検討できるようにします。
評価
プロトタイプをユーザーと共有し、それがユーザーのニーズを満たしているかどうかを評価します。
改善
ユーザーのフィードバックに基づいて、改善またはさらなる改良と明確化が必要な部分を特定します。
プロトタイプは通常、製品の主要なプロセスを具体化することから始まります。
プロトタイプが改良されるにつれて、最終的なプロトタイプが完成し、最終的な開発のために開発者に提供されるまで、詳細はより複雑になります。
ラピッドプロトタイピングの時間とコストは、開発する製品の複雑さによって異なります。
ラピッドプロトタイピングとは何ですか?初心者のための完全ガイド 3

ラピッドプロトタイピングのソフトウェア

紙のラフスケッチから、機能と外観が最終製品と非常に似ているインタラクティブなプロトタイプまで、さまざまなソフトウェアプロトタイプがあります。高品質のラピッドプロトタイプを作成するための鍵は、ユーザーのニーズに最適な設計ソリューションを提案するために、ユーザーのフィードバックを適切なプロトタイピング方法に効果的に統合することです。

1.紙とペン

ラピッドプロトタイピング機能:★★★★★

一般に手描きのプロトタイプとして知られているこれらは非常に迅速に作成できますが、設計ドラフトを保存するのは難しいことがよくあります。このオプションは通常、大規模なプロジェクト開発には適していません。

2.Mockplus

ラピッドプロトタイピングの設計機能:★★★★

「プロトタイプをより速く、よりシンプルに、そしてより簡単に」Mockplusは、モバイル、タブレット、Web、およびデスクトップのプロトタイピング要件に適しています。シンプルで高速なインタラクティブデザイン、高度にカプセル化されたコンポーネント、複数のプレビュー方法、時間節約のチームコラボレーションオプションを備えたMockplusのハイエンドで実用的な機能は、デザイナーと製品マネージャーの両方に支持されています。

3.iDoc

ラピッドプロトタイピング機能:★★★★★

2018年末にMockplusチームによってリリースされた新製品であるiDocは、コラボレーションと設計の引き継ぎツールであるだけでなく、完全なラピッドプロトタイピングツールでもあります。

プラグインを介してPhotoshop、Adobe XD、Sketchからワイヤーフレームとビジュアルデザインをアップロードし、インタラクションリンクを追加することでラピッドプロトタイピングのためにiDocのプロジェクトフォルダーに追加できます。

ラピッドプロトタイピングとは何ですか?初心者のための完全ガイド 4

4.Balsamiq

ラピッドプロトタイピング機能:★★★

Balsamiqは、シンプルで高速な低忠実度のプロトタイプ用のUXデザインツールです。インタラクションデザインがないため、Webプロジェクトの忠実度の低いプロトタイピングデザインに最適です。紙とペンのスケッチと比較すると、柔軟性が十分ではありません。Axureと比較すると、十分に正確ではありません。

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

10月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0