Youtubeなどの動画を埋め込む時のよくあるエラー5選

クチコミネットのまとめ記事にようこそ!

サイト訪問者の興味を引くために、サイトに動画を埋め込むことが多いと思います。ただ、動画をしっかりと埋め込めていないとエラーメッセージが表示されることがあります。ターゲットオーディエンスをがっかりさせないためにも、しっかりと以下の原因を確認して動画がしっかり再生されるように管理をしましょう。

Webサイトに動画を埋め込みことは、サイト訪問者を自サイトに滞在させる大きな要因となります。最近では訪問者はサイト滞在時間の88%を動画に費やしているというレポートも報告されています。

今回の記事ではサイトに動画を正常に埋め込むための手順と、起こりうるエラーメッセージについてまとめたいと思います。

#1 Youtube動画を埋め込む

ビデオをオンラインで配信する古典的な方法は、YouTubeを使用することです。YouTubeは、最大のビデオプラットフォームであるだけでなく、世界で2番目に大きい検索エンジンでもあります。

youtube_en

ソーシャルメディアやWordpressに埋め込む場合、通常はYouTubeが提供するリンクで十分です。Webサイトに埋め込むときにさらにカスタマイズオプションが必要な場合は、埋め込みのiFrameコードを使用することをお勧めします。

youtube2_en-1

↑このコードは、単にコピーしてWebサイトの適切な場所に貼り付けるだけで機能します。

Youtube動画の埋め込みで起こりうるエラーは以下のものがあります。

?メニューへ ↑

ブラウザデータを削除します。

問題はリンクではなく、単にブラウザにある可能性があります。ビデオが別のブラウザでも正しく表示されていないか確認してください。1つのブラウザでのみ問題が発生する場合は、キャッシュとCookieをクリアしてみてください。

?メニューへ ↑

「https://」を含むリンクを挿入します。

「https://」の部分なしでリンクを挿入すると、「ファイルまたはディレクトリが見つかりませんでした」というエラーメッセージが表示される場合があります。埋め込むときは、必ずフルリンクを使用してください。

?メニューへ ↑

ビデオの埋め込みを許可します。

「リクエストに応じて埋め込みが無効になりました」というエラーメッセージが表示された 場合は、YouTube経由で誤って埋め込みを無効にした可能性があります。再度許可を与えるには、次の手順に従ってください。

  1. 「ビデオマネージャー」に移動します。
  2. 適切なビデオを選択し、「編集」をクリックします。
  3. ビデオの下で、「詳細設定」をクリックします。
  4. [配信オプション]で、[埋め込みを許可する]ボックスのチェックマークをクリックします。
  5. 変更を保存します。

Youtubeなどの動画を埋め込む時のよくあるエラー5選 1

?メニューへ ↑

#2 Facebookビデオの埋め込み。

あなたの動画をFacebookにアップロードすることでブランド認知度を高め、顧客ロイヤルティを高めることができます。

FacebookビデオをWebサイトやブログで共有したい場合は、簡単です。動画投稿の右上隅にある3つのドットをクリックして、[埋め込み]を選択します。iFrameコードをコピーして貼り付けるだけです。

facebook_en

 

Facebook動画の埋め込みでエラーが出た場合は以下の項目をご確認ください。

?メニューへ ↑

プライバシー設定を「公開」に設定します。

ビデオの視聴で問題が発生した場合は、一般に公開されていることを確認してください。その投稿のプライバシー設定を変更する必要がある場合があります。

公衆

?メニューへ ↑

ビデオとそのコードを確認します。

以前に動作していたビデオが突然表示されなくなった場合は、次のことを試してください。

  • 動画が削除されていないことを確認してください。
  • もう一度[埋め込み]をクリックしてコードを再挿入するだけで、iFrameコードを更新できます。フェイスブック更新された可能性があり、以前のコードが古くなっています。
?メニューへ ↑

#3 ソーシャルメディアに動画を埋め込む。

YouTube、Vimeo、または同様のビデオをソーシャルメディアチャネルに埋め込みたい場合は、幸いなことに、それを行うのは非常に簡単です。

ただし、共有する場合など、動画のサムネイルが表示されなかったり、動画全体が表示されなかったりする場合があります。通常、次のいずれかの手順が役立ちます。

?メニューへ ↑

アドレスバーからリンクをコピーしないでください

ビデオの下に、コピーするための個別のリンクを提供する共有用のボタンがあります。必要に応じて、目的のプラットフォームのアイコンを直接クリックすることもできます。疑わしい場合は、ブラウザのアドレスバーからリンクをコピーする代わりに、このリンクを使用してください。

youtube_en

?メニューへ ↑

アプリをブロックしないようにしてください。

たとえば、Facebookアプリから直接YouTube動画を共有するには、承認する必要があります。[設定]> [プライバシー]> [ブロック]でブロックを表示およびブロック解除できます。

block_eng

?メニューへ ↑

リンクをデバッグします。

FacebookTwitterLinkedInなど、ほぼすべてのプラットフォームで、リンクを調べる方法が提供されています。ここでは、追加情報とリンクプレビューを表示できます。エラーは直接表示されます。

デバッグ

 

?メニューへ ↑

#4 WordPressにビデオを埋め込む。

WordPressでウェブサイトを運営している場合、ビデオの埋め込みは非常に簡単です。YouTubeビデオの#1で説明されているように、個別の共有リンクを使用するか、対応するiFrameコードをコピーして追加の調整を行います。

?メニューへ ↑

サイトへのメディアの埋め込みを許可します。

古いバージョンのWordpressでは、ビデオ、Facebook、Twitterなどのメディアの自動埋め込みを許可するかどうかを決定できます。チェックマークを使用して誤ってこれを非アクティブ化することはできなくなりましたが、「埋め込みの非アクティブ化」などのプラグインはまだ存在するため、そのようなプラグインがアクティブ化されていないことを確認してください。

?メニューへ ↑

メディアボタンを使用してビデオを追加します。

最も簡単な方法は、個々の共有URLを介してビデオを直接追加することです。多くのプラットフォームでは、Wordpressは自動埋め込みを許可しており、リンクを挿入して「Enter」を押すだけです。

代わりに、[メディアを追加]ボタンをクリックして、URLを挿入することをお勧めします。これにより、動画がページにどのように表示されているかを最初から確認し、エラーを 直接検出できます。これにより、ビデオは、再生可能なフィルムではなく、リンクとして表示されます。

ワードプレス-リンク

?メニューへ ↑

iFrameコードのテキストエディタを使用します。

ビデオにiFrameコードを埋め込む場合は、ビジュアルエディターを避け、代わりにテキストエディターを使用する必要があります。このようにして、たとえば、Wordpressがコードにフォーマットを追加して、正しく表示されないようにすることができます。また、コードを残りのコンテンツからより適切に分離し、他の要素に干渉しないようにすることもできます。

ワードプレス-iframe

これらの手順を実行してもビデオを正常に統合できない場合は、対応するプラットフォームでパブリックにアクセス可能であり、埋め込むこともできることを確認してください。

?メニューへ ↑

#5 セルフホストビデオの埋め込み。

動画を公開するときは、セルフホスティングのオプションがあります。これは、ビデオを自分のサーバーにアップロードし、配信と埋め込みが自分のリンクを介して直接行われることを意味します。

これには、たとえば、すべてのクリックがYouTubeではなくWebサイトに直接到達するという利点があります。また、視聴者を動画からすぐに遠ざける可能性のある広告やその他の注意散漫の表示を回避します。

?メニューへ ↑

セルフホスティングはお勧めしません。

ただし、推奨事項は次のとおりです。セルフホスティングは控えてください。WordpressとCo.がメディアの埋め込みを非常に簡単にしているという事実は別として、再生はすべての一般的なデバイス、プラットフォーム、およびブラウザーで機能することが保証されています。ビデオは外部サーバーに保存されているため、サイトをロードせず、中断することなくアクセスできます。

読み込み中

あなたのウェブサイトにビデオを埋め込むとき、あなたの聴衆はそれをできるだけ確実に見ることができるはずです。ただし、多くのサーバーには、ビデオを簡単にホストおよび再生するためのストレージ容量と帯域幅がありません。これにより、視聴の問題や視聴者の早期終了にすぐにつながる可能性があります。したがって、適切に再生できるプラットフォームにビデオをアップロードすることをお勧めします。

?メニューへ ↑

まとめ

いかがでしたでしょうか?これで問題なく動画を使ってマーケティングを行うことができるようになりました!ビデオを自分でホストするか、外部プラットフォームにアップロードするかを決めていただいて、上手に利用していただければと思います。

Youtube動画の埋め込みでエラーが起こった場合はどうすればいい?

以下の項目を確認します。「ブラウザデータを削除します。」「「https://」を含むリンクを挿入します。」「ビデオの埋め込みを許可します。」

Facebook動画の埋め込みでエラーが起こった場合はどうすればいい?

以下の項目を確認します。「プライバシー設定を「公開」に設定します。」「ビデオとそのコードを確認します。」

ソーシャルメディアに動画を埋め込む時にエラーになる時は?

ビデオの下に、コピーするための個別のリンクを提供する共有用のボタンがあります。必要に応じて、目的のプラットフォームのアイコンを直接クリックすることもできます。疑わしい場合は、ブラウザのアドレスバーからリンクをコピーする代わりに、このリンクを使用してください。

セルフホストビデオのデメリットは何ですか?

ほとんどのホスティングサーバーは、セルフホスト動画に対する十分なストレージとBandwidthがありません。特にこだわりがない場合は、VimeoやWistiaなども選択肢になると思います。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

7月のトレンド🧐 : ノーコード予約システムディープフェイクSEOツール

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0