掲載サービス4000件以上の日本最大級のITレビューサイト😎

Teachableの価格プランについてのレビュー 2020年

クチコミネットのまとめ記事にようこそ!

今回は最近注目されているEラーニングプラットフォームであるteachable(ティーチャブル)についてご紹介したいと思います。teachableに関しては、是非以下の記事をご確認ください。

今回の記事ではteachableの価格プランについてご紹介したいと思います。この記事の筆者はteachableの利用経験があるので、その視点でレビューしております。

Teachableとは?

Teachableは、世界で最も優れたオンラインコースプラットフォームの 1つであり、最近では日本でも利用され始めています。非常に使いやすく、リーズナブルな価格で、魅力的なオンラインコースを提供するために必要なすべての重要な機能を提供しています。

多くの方から質問があるのが「teachablenのどのプランがいいのか」ということです。その多くの質問に答えるために、以下に完全なガイドを作成しました。

Teachableをコースのプラットフォームとして使用することを検討しているが、どのプランを選択するかまだわからない場合は、是非参考にしていただければと思います。

Teachableを無料で始める 📑メニューへ ↑

Teachableの価格プランの概要

Teachableは4つの異なるプランを提供しています。ここで、これらの各プランのコストについて簡単に説明します。

  • 無料プラン  –  ($ 1 + 10%の取引手数料)
  • 基本プラン – 月額39ドルまたは年額348ドル(5%の取引手数料)
  • プロフェッショナルプラン – 月額119ドルまたは年額1,188ドル(取引手数料0%)
  • ビジネスプラン – 月額$ 499または年額$ 4,788(取引手数料0%)

teachableには月額払いのオプションと年額払いのオプションがあります。もちろん年額払いの方がお得ですが、始める時は月額から始めるのをオススメします。

Teachableの料金:Teachableの費用はいくらですか?

ここで大事なのは、Teachableでは特定のプランのコース販売に対して取引手数料が発生するといういことです。

機能面では、無料プランを含むすべてのプランで、無制限のコースを作成し、無制限のビデオやその他のコンテンツをホストできます。コースに基本的なクイズを含めて、レッスンでのディスカッションを有効にすることもできます。

さらに、販売ページの作成、支払いの処理、EU VATの請求、すべてのプランでの学生の管理などの基本機能にアクセスできます。

有料プランではスクールの生徒数に制限はありませんが、Teachableは最近、無料プランで10人の生徒の制限を導入しました。

↑これの生徒数は実質は少なすぎるので、これは無料トライアルのように利用するのがいいと思います。無料プランで管理画面などに慣れてきたら有料プランにアップグレードするのがいいと思います。

 

📑メニューへ ↑

ベーシックプランに適しているのは?

ベーシックプランは月額39ドルで5%の取引手数料が発生しますが、機能に関しては無料プランよりもはるかに多くの機能を提供しています。

ベーシックプランでは、スクールに無制限の数の生徒を参加させることができます。

機能の面では、カスタムドメインの使用、クーポンコードの作成、コースコンテンツのドリップ、学生へのメール送信などの重要な機能をベーシックプランで利用できます。

さらに、ネイティブおよびZapierを介して、いくつかのサードパーティツール(ConvertKitなど)と統合できます。たとえば、Teachableでコースを購入したときにメールサービスに誰かを追加したい場合は、それを行うことができます。

Teachableの価格プランについてのレビュー 2020年 1

 

📑メニューへ ↑

プロフェッショナルに適しているのは?

Teachableの最も人気のある料金プランは、プロフェッショナルプランです。月額固定料金は月額119ドルですが、取引手数料はかかりません。ベーシックプランよりもはるかに多くの機能を提供しています。採点クイズ、コース修了証、高度なコースレポートツール、コースコンプライアンス、アフィリエイトマーケティング、ホワイトラベリングなど、いくつかの追加機能が付属しています。

クリエイターがベーシックプランからプロフェッショナルプランに切り替える最大の理由は、支払いの処理にTeachable Gatewayに加えてカスタム支払いゲートウェイを使用できることです。 カスタムゲートウェイを使用すると、Teachableで独自のStripe / PayPalアカウントを使用できるため、コースの売り上げからのお金がすぐにアカウントに入金されます。

もう1つの利点は、ベーシックプランの2人のユーザーと比較して、最大5人の管理者レベルのユーザーを学校に追加できることです。

最後に、プロフェッショナルプランを利用している場合は、すべてのプランで利用できるメールサポートオプションの他に、ライブチャットサポートも利用できます。

📑メニューへ ↑

ビジネスプランに適しているのは?

ビジネスプランは、月額299ドルという高価格で、パワーエディター、カスタムユーザーロール、学生の一括インポート、最大100人の管理者レベルユーザーを維持する機能など、いくつかの追加機能を提供します。

Teachableのビジネスプランは、オンラインコースマーケットプレイス、大学のコースプログラム、企業のトレーニングプラットフォームなどを運営している人だけが必要とします。

📑メニューへ ↑

まとめ

このTeachable料金ガイドでは、各プランの料金体系と各プランの提供内容について詳しく説明しました。

筆者の一番のオススメはTeachableの「プロフェッショナルプラン」です。Teachableが提供する必要のあるほぼすべての機能を備えています。ただ、Eラーニングのプラットフォームに不慣れで初心者の場合は、基本プランから始めるのがいいでしょう。アップグレードはいつでも行うことができます。とりあえず試したみたいという方には無料プランがオススメです。

Teachableを無料で始める 📑メニューへ ↑

teachableの価格に関してよくある質問

Teachableは取引手数料を請求しますか?

はい、Teachableは、無料プランで$ 1 + 10%、基本プランで5%の取引手数料を請求します。プロフェッショナルプランでもビジネスプランでは、取引手数料はかかりません。

Teachableは、学校で受講できる学生数やコース数に制限を設けていますか?

生徒数が10人に制限されている無料プランを除き、他のすべてのプランでは、無制限の数の生徒を学校に入れることができます。ただし、すべてのプランで無制限の数のコースを作成できます。

Teachableでは支払いはどのように機能しますか?

無料プランとベーシックプランでは、Teachableがユーザーに代わって支払いを回収し、30〜60日の遅延後に支払います。唯一の例外は、米国/カナダにいる場合、カード支払いの即時支払いのオプションがあります。 Professional / Businessプランでは、独自のStripe / PayPalアカウントを統合して、お金が遅れることなく直接アカウントに入金されるようにすることができます。

Teachableには返金保証がありますか?

Teachableには30日間の返金保証があり、お支払いから30日以内に払い戻しを受けることができます。

Teachableトライアルを開始するにはクレジットカードが必要ですか?

Teachableで無料のアカウントを作成するには、クレジットカードは必要ありません。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password