モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個

Smart Insightsの調査によると、Webユーザーの80%がスマートフォンを所有しています。統計は、過去数年間でインターネットの使用がどのように増加したかを明らかにしています。モバイルフレンドリーなウェブサイトをもつことは現在では当たり前になっていますが、ただ単にページがスマホ幅になるだけでなく、モバイル用のウェブサイトとしての注意点がいくつかあります。

スマホからの訪問者にとって効率のよいページを表示するために以下の点を注意していただけるといいかと思います。

コンテンツに注目する

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 1

スマホで見たときのレイアウトはとても大事です。例えば、ヘッダーメニューやフッターメニューをつけることで、スマホから見た時のユーザビリティが上がります。

また、CTAのボタンを設置する時も小さくなりすぎないように適切な大きさにしてクリックする必要があります。

適切なアプローチを決定する

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 2

モバイルフレンドリーといっても、いくつかの表示方法があります。みなさんのスキルやサイトの構成などに合わせて最適なものを選択する必要があります。

レスポンシブ
このアプローチでは、URL、HTML、および画像は同じままですが、CSSはブラウザーの幅に基づいて異なるルールを提供します。WordPressのテーマなどでは一般的に使われる方法です。
アダプティブ
このアプローチでは、URLは同じままですが、サーバーはページを要求しているデバイスのタイプに基づいて異なるHTMLとCSSを送信します。
別のモバイルサイト
これは主にサブドメインまたはサブフォルダーでホストされていますが、デスクトップサイトと同じURLを使用することもできます。

これらすべての中で、Responsiveは、Webサイトが閲覧されているデバイスに関係なく、ユーザーに同様のエクスペリエンスを作成できるようにする統一されたアプローチです。

画像の最適化

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 3

画像は、ウェブサイトの機能を維持または低下させる上で重要な役割を果たします。読み込みに時間がかかると、ウェブサイトに戻るのをやめる視聴者もいます。ユーザーのこの動作を防ぐには、デバイス用に最適化された画像があることを確認する必要があります。それらを可能な限り圧縮し、より高い解像度で表示します。

サイト運営者は画像のクオリティを下げずに画像サイズを縮小し、読み込み時間を可能な限り下げる必要があります。

フォントとボタンのサイズに注意してください

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 4

モバイルフレンドリーなウェブサイトを作成するときは、フォントサイズとボタンのサイズとデザインを考慮することが非常に重要です。フォントサイズの理想的なサイズを少なくとも14pxに保ちます。

このフォントサイズにより、お客様はコンテンツを読みやすくなります。同様に、ラベルとフォームの場合、12pxの小さいフォントサイズが適しています。

同じことがボタンにも当てはまります。ボタンのサイズが大きいほど、サイトでのコンバージョンが増える可能性が高くなります。したがって、一般的に、ボタンのサイズは40〜44pxにします。

検索ボックスを見つけやすくします

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 5

画面のサイズが非常に小さいため、モバイルデバイスで情報を探すのは面倒です。これには、ユーザーフレンドリーでナビゲートしやすい検索ボックスが必要です。これにより、ユーザーは適切な情報を見つけるために時間を費やす手間を省くことができます。

これは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるだけでなく、モバイルフレンドリーなWebサイトに構造化された魅力を与えます。また、ユーザーが1つのページから別のページに簡単に移動できるようにします。

動画の追加

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 6

ビデオの最適化は、ビジネスプレゼンスを拡大するための優れた方法です。動画を追加すると、競合他社の中で目立つようになり、ウェブ上での露出の新しい機会も開かれます。

また、ユーザーが特定のWebサイトに費やす平均時間も長くなります。ビデオの追加はまた、信頼性を構築するのに役立ち、その潜在的な信頼を得るのを容易にします。

モバイルリダイレクトの使用

訪問者がモバイルデバイスを使用しているときに簡単に発見でき、サイトの最適化されたバージョンに訪問者を誘導できるリダイレクトを配置するようにしてください。これは、サイトの立ち上げ後に行うことができます。

リダイレクトが行われると、Webアドレスを入力したモバイルユーザーは、モバイル向けに最適化されたバージョンのサイトに直接リダイレクトされます。

ナビゲーションに必要なテキスト入力を減らします

モバイルフレンドリーなウェブサイトのために注意すべきこと8個 7

モバイル版のウェブサイトにテキストを入力することは非常に困難です。ただし、ユーザーのテキスト入力を減らしてボタンに置​​き換えると、視聴者は要件を簡単に選択できます。

デスクトップユーザーとは異なり、モバイルユーザーは従来のキーボードやマウスにアクセスできません。したがって、さまざまな方法で創造性を組み込むことをお勧めします。これにより、視聴者は小さなキーボードやイライラするナビゲーションを使用せずに、同じレベルのエクスペリエンスを楽しむことができます。

まとめ

モバイルフレンドリーなウェブサイトの需要が急増しているので、あなたが最高のものを持っていることを確認することが重要です。レスポンシブデザインを使用すると、電子メールとWebページの外観とパフォーマンスを最大限に高めることができます。最適化されたエクスペリエンスを消費者に提供する必要があるということは、サービスの範囲を拡大する方法を開くことを意味します。

モバイルサイトに最適なフォントサイズは?

スマホの場合は最低でも 14px のフォントサイズがあれば読み手にとって適切です。また、CTA用のボタンなどのフォントは 40px くらいが好ましいとされています。

モバイルフレンドリーなサイトにするにはどのような方法がありますか?

レスポンシブアダプティブ別のモバイルサイトを表示するなどの方法があります。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

8月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0