MailChimp?を使うメリットと機能のまとめ [2020年]

クチコミネットのまとめ記事へようこそ!

今回は最近注目されているMailChimpについてご紹介したいと思います。 MailChimpは海外のメール配信のクラウドサービスになり、コーディングの経験不要で簡単にメールマーケティングを行うことができます。

今回はそんなMailChimpの実際の機能面などについて全体的にレビューをしてみたいと思います。この記事の著者も実際にMailChimp利用経験があるので、利用者の立場からレビューを行いたいと思います。

PROS:
  • グラフィックデザイナーやウェブデベロッパーを雇う必要なく、企業がプロ並みのメールやニュースレターを作成できるようにします
  • 何百もの主要なeコマースプラットフォーム(Shopify、WooCommerceなど)、ソーシャルメディア、その他のSalesforceなどのツールと統合
  • Eメールサブスクライバーリストの拡大に​​役立つさまざまな種類のサインアップフォームを提供します
CONS:
  • サポートは、チュートリアルと電子メール/ライブチャットを介してのみ行われます-電話サポートはありません
  • 顧客のセグメンテーション(グループ分け)など、多くの望ましい機能には有料アカウントが必要です

MailChimpとは?

2001年に設立され、アトランタに本社を置くMailChimpは、急速に成長して世界で最も有名なメールマーケティングサービスの1つになり、現在、1500万を超える企業で使用されています。MailChimpの主なセールスポイントの1つは、専門的なマーケティングキャンペーンを作成するために、技術的な専門知識が最小限で済み、コーディング機能が不要であることです。

MailChimpのすべての機能は直感的で習得が容易であり、同社は新しいユーザーに教育用メール、包括的なハウツー記事、およびメールマーケティング業界に関するリサーチガイドを提供することで、新しいユーザーを教育するのに優れています。

MailChimpは、あらゆるレベルの技術経験を持つ人々がEメールマーケティングにアクセスできるようにするという素晴らしい仕事をしました。また、豊富な無料レベルの製品も提供しているため、中小企業は最大2,000人の加入者に電子メールを送信できます。これは、まだ加入者ベースを拡大しており、既存のビジネスの成長に役立つ可能性のある製品に足を踏み入れることに関心がある企業にとって理想的です。

より強力な機能は有料アカウントでのみ利用できますが、同社は最近、以前に有料アカウント用に予約されていた2つの機能(マーケティングの自動化と推奨製品)がすべてのユーザーに無料で提供されることを最近発表しました。これは、同社がすべてのユーザーに品質の高い機能を提供することに真剣に取り組んでいることを示しています。

カスタマーサポートは有料のお客様にのみ含まれます。MailChimpの欠点は、有料の顧客であっても電話サポートがないことです。すべてのサポートはメールまたはライブチャットで処理されます。これは単純な質問には十分かもしれませんが、電子メール/ライブチャットで複雑な問題を伝えるのは難しい場合があるため、MailChimpが電話サポートを提供するのが良いでしょう。(電話サポートは英語なので日本人ユーザーにはあまり関係ないと思います。)

1,500万人のユーザーを抱えるMailChimpは、主要なメールマーケティングリソースとしての地位を確立しました。これは、顧客の成功と失敗を分析し、その分析をユーザーに中継するという別のユニークなメリットへの扉も開きます。同社は成功したメールの内容を調査するために多額の投資を行っており、他のMailChimpユーザーから学ぶのを助けるために、これらの洞察を顧客に提供しています。

メニューへ ↑

主な特徴

MailChimp(メールチンプ)には、最初の電子メールキャンペーンの作成とスケジュールのプロセスを合理化するのに役立つ多くの組み込み機能が含まれています。

メールニュースレターのデザインと作成

ニュースレターは、顧客とつながる強力な方法であり、顧客を常に最優先に保つことができます。ニュースレターを使用して、重要な取引やイベントを顧客に伝えることもできます。

MailChimpを使用すると、メールニュースレターを簡単に作成できます。最初のニュースレターの作成を数分で開始できます。MailChimpにはさまざまなテンプレートが用意されており、作成するほぼすべてのタイプの電子メールニュースレターをカバーしています。デザインとユーザーインターフェイスはWixを連想させるもので、最終的なニュースレターがどのように見えるかを大まかに把握できるように、プレースホルダーテキストと画像が用意されています。次に、ユーザーインターフェイスを使用して、画像とテキストをクリックして編集し、好みに合わせてカスタマイズします。

MailChimpメールテンプレートの設定

画像は無料でMailChimpアカウントに保存されます。これは特に、複数のメールで同じ画像(会社のロゴなど)を使用する場合に便利です。毎回手動で画像をアップロードする必要はありません。代わりに、アカウントのメディアライブラリにアップロードしたら、その画像を含む新しいテンプレートを作成できます。

MailChimpレビュー:メール設計の例

ニュースレターの更新が完了したら、自分や同僚にテストバージョンを送信して、最終デザインがどのように見えるかを確認します。また、スマホユーザーのEメールがどのように表示されるかを確認できるため、ニュースレターがモバイル対応であることも確認できます。

キャンペーンのテストとスケジューリング

メールキャンペーンをテストする場合、自分やチームの他の人に送信するオプションがあります。それを他の人に送信する場合、MailChimpには、メールの上部にメモを追加するオプションが含まれているため、受信者は、テストメールを読んだときに何に集中すべきかを知ることができます。

MailChimpのレビュー:メールキャンペーンのテスト

メールが完成したら、特定の日時にメールを配信するようにMailChimpをスケジュールできます。その他のスケジュールオプションは、有料アカウントでのみ使用できます。有料アカウントは、メールに含まれるリンクへのトラフィックのバランスをとるために、メールキャンペーンをバッチで配信することを選択できます。これは、多くの加入者がいる場合にのみ関連または重要である可能性が高く、その場合、既に有料アカウントを持っている必要があります。

もう1つの有料機能はTimewarpと呼ばれ、さまざまなタイムゾーンに応じて、すべてのサブスクライバーに同時に電子メールを配信します。したがって、EST午後3時とPST正午に配信する代わりに、受信者のタイムゾーンに関係なく、全員が午後3時に送信するように指定できます。

MailChimpレビュー:メールスケジュールオプション

MailChimpは有益な調査レポートをリリースしており、大半のユーザーは午後9時以降にメールを開くのをやめる傾向があることを示唆しています。Timewarpは、ユーザーが午後9時以降にメールを受け取らないようにするために設計されています。これは特に重要です。世界の非常に異なる地域にわたる国際的な顧客。さまざまな場所で顧客用に異なるリストとキャンペーンを作成する代わりに、MailChimpの有料Timewarp機能を使用して、複数のメーリングリストを作成せずにメールを送信できます。

MailChimpレビュー:メールキャンペーンを送信する方法

Eメールをスケジュールすると、キャンペーンがMailChimpの「送信」キューに入れられたという確認が届きます。

レポート

メールキャンペーンを作成、テスト、送信すると、Mailchimpはパフォーマンスを追跡し、読みやすいダッシュボードで分析を提供し始めます。

MailChimpは毎週のアカウント概要をメールアドレスに送信するため、アカウントにログインしなくても最新の状態を維持できます。この概要には、先週と比較したキャンペーンのパフォーマンスの変化率などの統計情報と、サブスクライブ/バウンスの発生数が含まれています。

MailChimpレビュー:メールで送信されたアカウントの概要

メールをクリックしてキャンペーンの詳細な統計を表示するか、アカウントにログインして[レポート]タブをクリックし、キャンペーンの主要なパフォーマンス統計を表示できます。

最初のキャンペーンを送信してから数分以内に、キャンペーンに関する以下の情報を示すレポートを作成する情報が表示され始めます。

  • 開封率(平均と業界平均)
  • クリック率(平均と業界平均)
  • 正常に配信されたメールの数
  • メール内でクリックされた上位リンク
  • 開店数が最も多いチャンネル登録者(上位ユーザーを特定できるように)
  • ソーシャルパフォーマンス(ツイート、Facebookのいいねなど)
  • 最も開封率が高い地域

MailChimpレビュー:ユーザーは電子メールレポートを受け取ります

これらの統計の一部はカウントとして表示されますが、他は時間の経過とともに折れ線グラフとしてグラフ化されるため、以下に示すように、24時間のクリック数とオープン数の傾向を視覚化できます。

MailChimpのレビュー:電子メールレポートはクリックとオープンのグラフを表示します

オートメーション

MailChimpは最近、マーケティングの自動化がすべてのユーザーに対して無料になることを発表しました。自動化は、ビジネスの他の場所で発生したアクションに基づいて、電子メールキャンペーンを自動的に開始するための単純な方法です。たとえば、自動化を設定して、リストの顧客がしばらく店から何も購入しなかった場合を検出し、その顧客にサイトに再度アクセスしてもらうための特別なプロモーションを含むターゲットを絞ったメールを送信できます。自動化で利用できる特異性のレベルは、MailChimpの強力な側面になり、顧客ベース全体でより多くの販売とエンゲージメントを推進することができます。

MailChimpには、eコマース/小売アプリケーションから非営利団体やソフトウェア会社に至るまで、さまざまなタイプの組織向けに多くのタイプの統合があります。おすすめ商品は、最近すべてのユーザーに無料でリリースされたもう1つの機能です。この機能を自動化と組み合わせて、再エンゲージメントを促進し、売上を伸ばすことができます。たとえば、eコマース企業は自動化を設定して、個人的な製品の推奨事項を電子メールで自動的に送信し、X時間以内に何も購入していない顧客に再度アプローチすることができます。

MailChimpレビュー:利用可能な電子メール自動化のリスト

購読者の誕生日に基づく日付ベースの自動化など、業界にとらわれない自動化をセットアップしたり、購読者が最初にメーリングリストに参加した日付を記念したりすることもできます。

MailChimpレビュー:日付ベースの電子メール自動化のリスト

メニューへ ↑

プロプランを使う価値がありますか?

Proの月額追加料金は199ドルで、通常の有料アカウントで利用できるベースラインの有料機能は含まれていません。ただし、Timewarp(この投稿の前のセクションで説明)などのより強力な機能と年齢や性別などの顧客の人口統計学的特性を予測する機能が利用できるため、どのような種類の電子メールキャンペーンが魅力的かを予測できます。それら。また、より高度なセグメンテーションを行うこともできます。これにより、オーディエンス/顧客をよりよく理解して、キャンペーンをより成功させることができます。

多変量テストを使用すると、わずかに異なる件名、ボタンスタイル、行動を促すフレーズを1つのキャンペーンで作成することにより、同じキャンペーンの最大8つのバージョンをテストできます。つまり、非常に的を絞ったテストをすばやく実行して、何が機能して何が機能していないかを確認できるため、それに応じて戦略を変更できます。

比較レポートは、すべてのレポートを詳しく分析するのに役立ちます。これにより、さまざまな実用的な洞察を明らかにして、メールに対する顧客のエンゲージメントを向上させることができます。レポート間でデータを結合/集約して比較し、サブスクライバーリスト全体で複雑なセグメンテーションオプションをフィルター処理して指定し、結果の各カスタムレポートを保存して組織の他のメンバーと共有できます。

メニューへ ↑

MailChimpはあなたのビジネスにふさわしいですか??

MailChimpは強力なマーケティングツールであり、あらゆる規模(およびさまざまな業界)のビジネスがプロフェッショナルなメールキャンペーンを作成し、その結果の分析でパフォーマンスを分析するのに役立ちます。MailChimpは、技術的な背景やプログラミングの経験を必要とせずに、企業がプロフェッショナルな電子メールマーケティングキャンペーンを作成できるよう支援する能力で特によく知られています。さらに、企業は簡単に無料で開始でき、より強力な機能が必要になったときに有料バージョンにアップグレードすることを決定できます。ただし、多くの小規模ビジネスでは、MailChimpの無料バージョンが、使いやすいメールキャンペーンテンプレートと、登録者リストの拡大に​​役立つカスタマイズ可能なサインアップフォームを使用して、必要な機能のほぼすべてを提供していることに気付いています。

あなたのビジネスがより成熟していて、堅牢なサブスクライバーベースを既に持っている場合、オーディエンスの小さなセグメントでうまく共鳴する非常にターゲットを絞った電子メールを生成する戦略の作成を支援する必要がある場合、MailChimpのProアカウントが投資に値することに気付くでしょう。

1 Comment
  1. 参考になります!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

10月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0