HTMLとXMLサイトマップの違いは?それぞれのメリットは?

クチコミネットのまとめ記事にようこそ!

今回はSEOに関してのご質問が多かったHTMLとXMLサイトマップの違いについてご紹介したいと思います。

クチコミネットおすすめのサイトマップ生成サービスはこちら

 

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップは、簡単に言うと、Googleクローラーや検索エンジンのためのサイトマップになります。なので、人間が読む用ではなく、どちらかと言えば、機械に読み込ませるようのサイトマップになります。

XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールなどから送信することで、検索エンジンは効率よくすべてのページをクロールすることができるので、より早く更新情報が検索結果に反映されるようになります。

XMLサイトマップはデータの種類を識別するタグでマークアップされたテキストファイルになります。一般的に以下の画像のようなサイトマップです。

tiffany.comの製品xmlサイトマップ

上記はティファニーのサイトのサイトマップ例です。XMLサイトマップには以下のような情報が含まれています。

lastmod URLのコンテンツが最後に更新された日時。

<lastmod>2019-03-19</lastmod>

changefreq 通常、コンテンツが変更される頻度。

<changefreq>monthly</changefreq></code></pre>

検索クローラーのボットがサイトにアクセスすると、まずは robots.txt ファイルを読み込みます。ここにはクロールを無視/禁止する情報が含まれています。例えば、会員サイトのユーザー情報ページなどの検索結果に含めたくないページの情報はここに記載しています。

HTMLサイトマップとは?

XMLとは対照的に、HTMLサイトマップはフォーマットされたリンクであり、通常はWebページの下部にあり、サイトの内容を読者に示します。HTMLサイトマップは、XMLとは違い、人間が読むためのサイトマップになります。

最近ではHTMLサイトマップを利用することが少なくなりましたが、サイト内の主要ページの一覧ということで利用されることもあります。以下はティファニーのHTMLサイトマップになります。

tiffany.comhtmlサイトマップ

HTMLサイトマップを利用せずに、ヘッダーメニューにリンク先をまとめたり、フッターメニューにリンク先をまとめるケースが増えてきているので、HTMLサイトマップはなくても大丈夫です。

HTMLまたはXMLサイトマップを使用する必要がありますか?

XMLサイトマップはGoogleスパイダーにフィードするため、すべての内部ページを含め、Webサイトにあるページを確認できます。XMLサイトマップは、Webページをより効率的に接続します。HTMLサイトマップも必要です。これは、リンクが記載された単なるページです。ユーザーがサイトマップをクリックして、Webサイトに何があるかを正確に確認できるように、そのページの内容を説明するキーワードリンクをお勧めします。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

10月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0