掲載サービス3200件以上の日本最大級のITレビューサイト😎

海外のクラウドファンディングサービス 7選

10年ほど前であったら、「クラウドファンディング」という言葉を使っても誰も意味を知りませんでした。

しかし今日は、クラウドファンディングはとても主流になりました。実際、クラウドファンディングは現在、企業が新製品の発売、特定のプロジェクトへの資金提供、または成長の資金調達のために現金を調達する一般的な方法になっています。

海外では手法の人気は高まっており、専門家はクラウドファンディング業界が2025年までに3000億ドル以上に成長すると予測しています。

クラウドファンディングの流れにまだ乗っていない場合、飛び込むのは少し怖いかもしれません。そんな中、最初に始める必要があることはあなたに最適なプラットフォームを見つけることです。

今回は海外のクラウドファンディングプラットフォームを8個ご紹介します。

Kickstarter(キックスターター)

クラウドファンディングについて考えるとき、Kickstarterはおそらく最初に思い浮かぶものの1つです。2009年に設立されたこのプラットフォームは、寄付に対して人々にリターンを渡すという点でユニークです。特定のプロジェクトをサポートする人には、投資のレベルに応じて、製品からユニークな体験まで、何かが与えられます。

メリット: Kickstarterのプロジェクトの大部分は、本質的に創造的である傾向があります。Kickstarterの独自のアプローチを考えると、最終的な成果物につながる特定のプロジェクトを寄付する必要があることも注目に値します。つまり、ビジネスの開始など、具体的な目標があまりない場合は、このサイトにアクセスすることはできません。

GoFundMe(ゴーファンドミー)

GoFundMeは、クラウドファンディングに関してはKickstarterと並んで、もうひとつの別のビッグネームです。医療費の請求や教育費の支払いなど、特定の目的のために資金を調達することを目的とする個人に主に偏る傾向があります。

対象者: GoFundMeは、「個人的な目的」であるという事を宣伝しています。その結果、GoFundMeにはプラットフォーム上に多くの個人がいるため、新しいベンチャーや既存のビジネスを次のレベルに引き上げることさえできます。

Indiegogo(インディエゴーゴー)

Indiegogoは他のプラットフォームほどニッチではありません。つまり、サイト上で資金調達プラットフォームの堅実な組み合わせを見つけることができます。さらに、Indiegogoは、資金調達の目標を達成するために収集する必要はありません。ただし、目標に到達しない場合は、より高い手料金を支払う必要があります。

対象者:ほぼすべての業界がプラットフォームでカバーされているため、ほとんどすべての人に適しています。

Patreon(パトレオン)

クリエイティブプロジェクトに重点を置いて、Patreonはサブスクリプションモデルを使用します。これは、寄付者が一括で寄付するのではなく、定期的に寄付を行うことを意味します。このプラットフォームは、「クリエイター、Come Get Paid」というキャッチフレーズを使用して、クリエイティブの情熱を追求し、他の人が楽しめるものを作ることをサポートするように設計されています。

対象者: Patreonはクリエイター(ポッドキャスターからゲームクリエイター、アーティストまで)をサポートすることを誇りに思っているため、クリエイティブなベンチャーを追求しているならこのプラットフォームが最適です。

GoGetFunding(ゴーゲットファンディング)

GoGetFundingは、2011年からあるサービスですが、あまり聞いたことのないサイトかもしれません。しかし、資金調達できるプロジェクトに関して柔軟性を求めている人にとっては、別の素晴らしい選択肢です。さらに、GoGetFundingにより、資金調達者は、目標を達成するかどうかにかかわらず、資金を調達し続けることができます。

メリット GoGetFundingは、ビジネス関連、個人、または非営利目的など、あらゆる目的のために資金を調達できるようにします。

Ulule(ウルレ)

Ululeはヨーロッパ初のクラウドファンディングサイトとして宣伝されています。特に創造的なプロジェクトに資金を提供したいと考えている人にとっては、それは依然として素晴らしい選択肢です。

メリット Ululeは、その目的は「メーカーと起業家に力を与える」ことだと言いますつまり、さまざまなプロジェクトに適しているということです。ただし、視聴者は創造的な取り組みに傾く傾向があります。

CircleUp(サークルアップ)

特に企業に焦点を当てたCircleUpの意図は、新興ブランドや企業が成長のために資金を調達できるようにすることです。これが他と異なる理由は次のとおりです。企業がサイトに掲載されるには、少なくとも100万ドルの収益を申請し、表示する必要がありますが、プラットフォームは例外を設ける場合があります。

メリット:プロセスがより徹底しているため、CircleUpは、すでにある程度確立されたビジネスを持ち、ビジネスを次のレベルに引き上げるための資金とガイダンスの両方を求めている起業家に適しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?クラウドファンディングを始めるには、まずは目標や内容も大事ですが、どのプラットフォームを使ってくるかで得られる資金も大きく変わってくると思います。クチコミネットでは各サービスの正直なクチコミをまとめているので是非確認してみて下さい。★

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password