掲載サービス5000件以上の日本最大級のITレビューサイト😎

雇用者が知っておくべき30以上の企業コミュニケーション統計

企業コミュニケーション(コーポレートコミュニケーション)は、従業員の満足度、エンゲージメント、生産性、ビジネスの成功において重要な役割を果たします。

最近、企業コミュニケーションについて多くの研究が行われています。この投稿では、職場でのコミュニケーションの現在の状態をよりよく理解するために知っておくべき最も重要な統計をまとめました。

効果的な企業コミュニケーションがビジネスの成功を後押しする

企業コミュニケーションの重要性の高まりは避けられません。現在、ほとんどの組織は企業コミュニケーションの取り組みを改善する必要性を認識しているため、従業員のエンゲージメント、生産性、経験、維持を促進するために、従業員により良い情報を提供する方法を探しています。

従業員は、仕事開始から退社まで、ライフサイクル全体を通じて適切な職場のコミュニケーションを期待しています。

  • 自分の声が聞こえたと感じる従業員は、自分の最高の仕事を遂行する力があると感じる可能性が4.6倍高くなります。(フォーブス)
  • 調査対象の従業員の39%は、自分の組織の人々は十分に協力していないと考えています。(クイーンズ大学)
  • より多くの情報に通じた従業員は、同業他社より77%優れています。(ガートナー)
  • 効果的な変更およびコミュニケーションプログラムを実施している組織は、同業他社を3.5倍上回る可能性があります。(ThinkTalent)
  • 従業員がつながっている組織では、生産性が最大25%向上します。(マッキンゼー)
  • 幸福な取り組みをサポートする企業の労働者の89%は、自分の会社を働きやすい場所として推薦する可能性が高くなっています。(フォーブス)
  • コミュニケーションリーダーの9% だけが、企業文化を形成する能力に自信を持っています。(ガートナー)

 

企業コミュニケーションと従業員の定着率

  • 米国の従業員の半分は 、新しい仕事を積極的に探しています。(フォーブス)
  • 従業員の96%は、共感を示すことが従業員の定着率を高めるための重要な方法であると考えています。(フォーブス)
  • Udemyが調査したミレニアル世代の半数未満が、現在の雇用主が学習、開発、トレーニングの機会を提供していると述べています。(ウデミー)
  • 3人に1人の専門家が退社する主な理由として退屈を挙げています。(HRDive)
  • 新規採用に否定的な経験があった人は、近い将来に別の機会を探す可能性が2倍になります。(G2 )
  • 従業員の69%は、優れたオンボーディングを経験した場合、会社に3年間滞在する可能性が高くなります。(SHRM)
  • 新規採用者の40 %は、人事部から質問についての回答を得るために時間がかかりすぎると述べています。(G2)
  • リモートワークをサポートする米国企業は、従業員の離職率を25%削減しています。(OWLlabs)

 

企業コミュニケーション戦略

企業のコミュニケーションの重要性はますます認識されてきていますが、その多くはまだ明確な戦略を持っていません。組織内の他の部門と同様に、企業および社内の通信部門は、目標を会社の使命、ビジョン、および戦略に合わせる必要があります。コーポレートコミュニケーションに関するさまざまな調査からいくつかの数字を見てみましょう。

  • コミュニケーションリーダーの 8%だけが、組織の要求を満たすためにスタッフに適切なスキルのセットがあると考えています。(ガートナー)
  • コミュニケーションの戦略、価値観、目的は、64%のコミュニケーターによって主要な優先事項として挙げられました。(守衛所)
  • 従業員の 72%は会社の戦略を完全に理解していません。(IBM)
  • 41%のリーダーは適切な情報を迅速に収集できません。(PwC)
  • リーダーとエグゼクティブの40%は、タイムリーで慎重な決定を下すことができません。( PwC)
  • 雇用者の半分未満(47%)は 、可能な限り最高の結果で危機に対応するために必要な能力またはプロセスを持っていると述べています。(デロイト)
  • コミュニケーションリーダーの46%は、オーディエンス情報が重要な課題を圧倒していると考えています。(ガートナー)
  • 自社の会社が従業員の目標を企業の目的に合わせるのに優れていると答えたエグゼクティブは23%だけです。(デロイト)
  • コミュニケーション不足により、プロジェクトに割り当てられた予算の56%がリスクにさらされています。(ブライトワーク)

 

企業コミュニケーションのための方法とテクノロジー

今日、企業は職場でさまざまなコミュニケーション手段を使用しています。従業員コミュニケーションプラットフォーム、Slack、Microsoft Teams、知識共有ツール、コラボレーション、プロジェクト管理、ドキュメント共有、従業員フィードバックなどのツールがそれにあたります。

  • 平均的なオフィスワーカーは1日に121通のメールを受け取る。(キャンペーンモニター)
  • 従業員 は、仕事に必要な情報を探すために 1日平均2.5時間を費やし ています。(スマープ)
  • 労働者の82%が通常の営業時間外にメールをチェックしています。(スタティスタ)
  • 従業員の約2分の1は、電子メールが少ないほど幸福度が高いと言っています。(SlickText)
  • 従業員のわずか13%が会社のイントラネットを日常的に使用しています。(ミディアム)
  • 回答者の60.8%が職場でメールを無視しています。(SlickText)
  • 回答者の43.9%は、メールではなくテキストを送信することが、彼らに到達するための最良の方法であると述べています。(SlickText )
  • 従業員の93%は、ビデオが社内コミュニケーションの重要な一部になっていると考えています。(エンジンクリエイティブ)
  • 回答者の5.7%は常に人事部からのメールを無視していると回答しました。(SlickText)
  • 専門家の 70%は、オフィス間のコミュニケーションにテキストメッセージを使用する必要があると考えています。(SHRM )

 

効果的な企業コミュニケーションの主なメリット

このブログで前述したように、企業コミュニケーションの取り組みは、従業員とビジネスの成功に重要な役割を果たしています。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password