楽天とShopifyのコラボレーションによる新サービス開始

2020年4月7日、東京(日本)に拠点を置くインターネットショッピングモールの楽天市場を運営する楽天株式会社と、カナダを拠点とする世界最大のマルチチャネルコマースプラットフォームであるShopifyを運営するShopify Inc. が、Shopify管理者パネルを介して、米国と日本のShopifyマーチャントが楽天市場でeコマースストアを運営できるようにするストアサポートサービスを開始すると発表しました。

Shopifyは、マーチャントが複数のeコマース販売チャネルで独自のオンラインストアを構築および運用するのをサポートするマルチチャネルコマースプラットフォームです。基本計画では、サイト構築、製品登録、在庫管理、注文管理ツールなど、オンラインストアの運営に必要な機能が販売者に提供されます。商人は、Shopify管理パネル内の専用アプリストアからアプリとして追加機能をダウンロードして、複数のeコマース販売チャネル、顧客の電子メールツール、請求書印刷などの配信ツール、ソーシャルメディアリンクツールなどのさまざまなニーズに応えることもできます。

また、Shopifyでは、楽天市場* 1で商品を登録し、店舗の在庫と注文を管理できる楽天市場アプリを販売者に提供しています。これにより、Shopify販売者は楽天市場を新しい販売チャネルとして簡単に追加し、市場を拡大することができます。

米国を拠点とするShopify販売者は、Shopifyを通じて楽天市場で地元の店舗を運営できるため、日本でのビジネスを比較的簡単に拡大できます。また、楽天市場のユーザーに、日本では入手困難な世界の主要ブランドをはじめ、海外の商品を購入する機会を提供しています。これらのサポートサービスは本日より米国と日本で開始され、他の地域への展開も計画されています。

楽天市場は約50,000の商人がいる日本最大のインターネットショッピングモールの1つです。創業以来、エンパワーメントは楽天のコアバリューであり、マーチャントが個々の強みを最大化できるようにする市場プラットフォームを通じて多くのユニークなマーチャントをサポートするという同社の深いコミットメントの原動力となっています。 

Shopifyはグローバルなクラウドベースのマルチチャネルコマースプラットフォームを提供し、175の国と地域の100万以上の商人がeコマースビジネスを簡単に運営できるようにします。商人は、Shopifyを使用して、モバイル、ウェブ、ソーシャルメディア、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルにわたる店舗を設計、設定、管理します。Shopifyでは、簡単なカスタマイズ、在庫のリンク、および販売管理が可能です。Shopifyは、「顧客のブランド価値を保護および最大化する」という使命を持って、店舗運営時に企業が独自の品質を活用できるようにサポートするさまざまなサービスを提供しています。

楽天とShopifyは、eコマースビジネスをサポートするイニシアチブを通じて、ユーザーの満足度を向上させ、さらに魅力的なショッピング体験をユーザーに提供するために努力を続けます。

* 1 Shopify加盟店は、楽天市場のガイドラインに従ってスクリーニングの対象となるShopifyアプリストアから楽天市場アプリをダウンロードできます。初期設定やストアのトップページの編集などの特定の操作は、Shopifyでは実行できません。一部の操作は、楽天市場のRMS店舗管理システムで行う必要があります。

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password