掲載サービス5000件以上の日本最大級のITレビューサイト😎

オンラインビジネスの評判を向上させる3つの簡単なステップ

何事にも言えますが、オンラインビジネスの信頼(評価)は構築するのに何年もかかりますが、信頼が崩れるのは一瞬です。

多くのビジネスが市場に参入するにつれて、企業がより多くの時間を費やして自分のオンラインでの評判に取り組むことが不可欠になっています。近年では、購入のプロセスの一部として独自の調査を行う消費者がますます増えています。つまり、企業はより良い顧客関係を構築し、顧客サービスを向上させ、全体的な評判を高めるために、信頼と透明性を優先する必要があります。

もし、悪いレビューが付きまとってしまうなら、まさに行動を起こす時です。なぜなら消費者が特定の会社やその製品について否定的なレビューに出くわした場合、ユーザーはインターネットで検索をして、将来的にこのビジネスを避ける可能性が大いにあります。

この記事では、悪い評判を良い評判に変え、消費者の信頼を上手にナビゲートしてビジネスを前進させる3つの簡単な方法を紹介します。

悪い評判を良い評判に変える方法

1

悪いレビューへの対応を開始する

悪いレビューが潜在的な新規顧客に与える可能性のある影響について企業が心配するのは当たり前のことです。ただ、それはネット上から否定的なフィードバックを削除するということではありません。カスタマーレビューは、人々に自分の経験をあなたのビジネスと共有する機会を与えます。そして、誰もが彼らの購入経験の正直な要約を与える権利を持っています。どんなビジネスにも、悪いレビューが書かれてしまうということを理解しているはずです。

オンラインビジネスの評判を向上させる3つの簡単なステップ 1

消費者の26%はレビューへの返信をビジネスアクティビティの重要な部分と見なしており、68%の人は良いレビューと悪いレビューが混在しているビジネスをより信頼しています。 つまり100%で★5のビジネスは逆に怪しいということになります。 ビジネスの向上にとって否定的なレビューは必ず必要になり、それは企業にとっては良いレビューと同等に価値のあるものになります。

2

フィードバックを使用して改善および革新する

顧客のフィードバックを収集することは、顧客とそのニーズを理解し、より良いものにするための優れた最初のステップです。

今日、消費者の約88%がレビューを読んで、ビジネスの顧客体験の質を判断しています。つまり、否定的なレビューを無視することよりも、フィードバックに目を向けて改善に努めた方がカスタマーエクスペリエンスの向上につながります。ポジティブなレビューとネガティブのレビューの両方を受け入れることは、サービスの改善につながり、結果的により良いカスタマーエクスペリエンスを提供することにつながります。決して否定的なレビューを無視するということはやめた方がいいです。

3

独自のアドボカシー策略を練る

今日のマーケットでは、多くのスタートアップ企業が登場しているので、自分のビジネスを目立たせるのがとても困難になっています。ですが、企業が競争から一歩進んで目立つための方法はいくつかあります。

その中の一つが「良い評判」になります。

現代の消費者は、従来の広告に対する信頼を失い、オンラインショッピングの際にサードパーティ(第三者機関)による検証を求めています。実際、84%の消費者はもはや広告を信用しておらず、多くの消費者はSNSでの口コミや他サイトのレビューを参考にしています。もっと深く追求すると、過半数の人はブランドやインフルエンサーが発信するコンテンツよりも、いわゆる「一般の人」が共有するコンテンツの方を信用している傾向にあります。つまり、ポイントとしてはいかに「普通の人」からのいいレビューを集めることができるかが重要になります。

あなたのビジネスについて投稿してくれる人(アドボカシー、顧客擁護者)は、単なるファンではなくて、そのビジネスのサービスに満足している忠実なお客様です。インフルエンサーよりも大きな力を持っていると言っても過言ではありません。独自の「アドボカシー策略」を持つことは、オンラインでの評判を向上させようとしている企業にとって、大きな変化をもたらす可能性があります。幸せな顧客と上手に交流して体験談をPRすることで、オンラインでの評判が高まるだけでなく、信頼できる顧客との関係が築かれるようになります。

オンラインビジネスの評判を向上させる3つの簡単なステップ 2

※記事内の数字は Trustpilotの検証結果を引用

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

Register New Account
貴重な経験をシェアしよう!
Reset Password