デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】

クチコミネットのまとめ記事にようこそ!

今回は、海外のGumroadというサービスについてご紹介したいと思います。

Gumroad(ガムロード)とは?

ガムロードは当時10代だった少年が開発したデジタル製品を販売できるプラットフォームです。そのシンプルさが一番の強みで、今では多くのユーザーに利用されているプラットフォームです。

メニューへ ↑

Gumroadの特長

  • 簡単にセットアップが可能
  • アクセス分析・購入分析が簡単にできる
  • 顧客管理・払い戻しの対応が簡単
  • デジタル製品ならなんでも販売が可能
  • アフィリエイトも行うことができる
メニューへ ↑

Gumroadの使い方

まず、アカウントを作成する必要があるので、 https://gumroad.com/ にアクセスして、新規登録を行ないます。SNSのアカウントでアクセスすると、次回からのログインが簡単です。

デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】 1

 

メニューへ ↑

販売を始める

アカウントの登録が完了したら、早速販売するコンテンツを追加しましょう。「販売コンンツ」タブから商品リストを確認することができます。新規に追加する場合は「New Product」をクリックします。

デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】 2

 

次に、販売のタイプを選択できます。通常販売や、毎月課金のメンバーシップを選択できます。 ダウンロード販売以外にも実際の商品販売が含まれる場合は、「This product contains one or more physical goods」にチェックをいれます。

デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】 3

次の画面では、実際の販売ページのカスタマイズを行うことができます。シンプルですが、結構気が利いているので、スペック表なども作成することができてとても便利です。

デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】 4

「Content」の部分には、実際にダウンロードされるファイルをアップロードします。

 

セットアップが完了したら、一旦保存をします。そして、右上のURLの部分に希望の短縮リンクを入力します。そして②のコピーをクリックすることで簡単にURLをコピーすることができます。

デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】 5

 

ちなみにですが、URL経由で販売する以外にも「ボタン経由で販売」「サイトに埋め込んで販売」のパターンもあります。「Overlay」「Embed」からそれぞれの設定を行うことができます。「Overlay(ボタン経由)」の場合は、サイトに埋め込んだボタンをクリックすると、ポップアップで商品ページが浮き上がってくるので、基本的にどんなWEBサイトともマッチするので便利です。

メニューへ ↑

顧客管理

Gumroad経由で何かを購入したもらった際に、すべての顧客データは保存されます。以下のようにわかりやすく、「メアド」「購入した製品」「日付」「金額」がわかりやすく表示されます。

デジタル製品を最も簡単に販売できるGumroadの使い方【画像付き】 6

 

メニューへ ↑

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は簡単にGumroadの使い方について紹介させていただきました。もっと詳しい情報を知りたい場合は、是非ともコメント欄にフィードバックを残していただければと思います!

コメントをいただけると嬉しく思います!

コメントを書く

クチコミネット
Logo
検索
Generic filters

10月のトレンド🧐 : ノーコードディープフェイクSEOツールShopify仕入れ

Register New Account
Reset Password
サービスの比較
  • Total (0)
比較する
0